謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レザレクションレザレクション
(2000/08/23)
ハルフォード

商品詳細を見る

アルバム"PAINKILLER"を'90年にリリースした後、
JUDAS PRIESTを脱退した、ロブ・ハルフォードがFIGHT、TWOを経て
再び伝統的なへヴィメタルへと舞い戻った
第一作目のアルバムである。

「伝統的な」とは書いたが、サウンドそのものは非常に
モダンであり古臭さは無い。
"PAINKILLER"のような超ハイテンションなファストナンバーは無く
アルバム中、ミドルテンポの曲が大半を占めているのだが
「疾走ナンバー命!最低5曲くらいは無いと耐えられん!」
という人で無い限りはその事は気にならないだろう。
と、言うか
私はそのミドルテンポの曲の方をむしろ気に入ってます。

たとえば、⑪とかね。
私の憶測だけれども
これはFIGHTやTWOでロブがやってみたかったが、
不評に終わったアイデアを
上手く消化することのできた一曲では無かろうか。
ジリジリとしたギターサウンドにうねるベースライン、
と言う風にバックはへヴィながらも、結構ポップな歌メロ。
雑誌かネットかで指摘されたこともあったが、
まるで現代風BLACK SABBATHと言った趣のある
面白い曲だ。

~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①RESURRECTION
②MADE IN HELL
④NIGHT FALL
⑨TWIST
⑪DRIVE



総評・・・90点


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。