謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Planet EarthPlanet Earth
(1998/03/23)
Mother's Army

商品詳細を見る


ジョー・リン・ターナー、ジェフ・ワトソン、ボブ・デイズリー
カーマイン・アピスによるプロジェクトの2nd。

このメンバー、そしてこのジャケット。
メタラーであれば、「きっとメロディアスにして
テクニカルなHRをやってくれるのだろう」と思うのだろうが・・・

一つ言えるのは聴いていてテンションは上がりません。
全体的に落ち着いており、見方によってはAOR風かも。
ただ、メロディはそれなりにいいのだが、①②のように
イントロからしてどんよりした雰囲気での
バラードを持ってきては掴みが悪いね(笑)。

まあ、それでも途中で軽快な曲があったり
額面通りのメンバーがやりそうなパートが一部分でも
あれば納得できるんだけど・・・。
一番分からないのはカーマイン・アピスの存在だ。
こんな曲ばかりを演奏するのであれば、何も
彼でなくてもいい気がするだけどなぁ。

ジョー・リン・ターナーはPINK FLOYDやTHE BEATLES、
LED ZEPPELINがどうしたとか、このアルバムを形容していた。
全体の雰囲気や一部の曲のイントロに
確かにそうした要素があるのだが・・・
やっぱり結論付けると「地味」。
この一言に尽きる。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
④Planet earth



総評・・・68点
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。