謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テル・ノー・テイルズテル・ノー・テイルズ
(2007/07/04)
TNT

商品詳細を見る


'87年にリリースされた3rd。

母国ノルウェーでの活動がメインだったTNTが、アメリカのレーベルからも
注目を浴びて、グローバルな活動を始めるべく
メンバーチェンジが行われて
トニー・ハーネルが加入し、歌詞を英語に変えたのが2ndの頃。
ヴァイキングっぽい要素が消えて、より幅広い層にアピールできる
ようになったのは、この3rdからだろう。
次の作品は名盤"INTUITION"ではあるが、あれはちょっと
ポップすぎるため、2ndのメタルっぽさもちょうどいい具合に
混じったこの3rdが好きだ、という方も多いかもしれない。

①はアメリカンHRっぽい雰囲気の曲。ロニーのサステイン短めの音で
弾かれたGuソロが耳を引く。
②はシンプルな歌メロの曲で、サビを繰り返すようなメロディだが
ちょっと北欧っぽい冷ややかさと、アメリカンHRが同居したようで
面白い。
③は幾重にも重ねられた爽やかなヴォーカルハーモニーが
とてもキャッチー。

インストの④はロニーのGuをフィーチュアさせた曲。
速さだけならクリス・インペリテリに匹敵する・・・かも。
それでいてちょっとQUEENのブライアン・メイっぽさもある。
⑦といい、⑧といい
ロニーのGuはTNTの全作品中、一番面白いかもしれない。

⑤と⑨のバラードはかなり甘くて、AOR同然・・・だが
トニーの透き通るような声がまた、曲に
合っているし
こういう曲を作ってきたからこそ、次のアルバムで
それを生かすことが出来たんだろうと思う。

⑪はパワーメタル調の曲で、このアルバムの雰囲気から
すると非常に浮いているが
これは彼らのメタルへのこだわりとも取れる
アグレッシブな曲。
私としてはギリギリでアリかな。

通して聴くにしても、30分程度の短いアルバムで
スッと聴けるTNTの入門編としては入りやすい作品だ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Everyone's a star
②10,000lovers(in one)
③As far as the eye can see
⑦Listen to your heart
⑨Northern lights
⑪Tell no tales



総評・・・86点



スポンサーサイト
Realized FantasiesRealized Fantasies
(2009/06/09)
T.N.T.

商品詳細を見る


'92年にリリースされた5th。

そのジャケットのダサさが伝説となっている、2ndと
同じ轍を踏むかのようなダサいジャケットだ(笑)。
まあ、こちらは幾分マシだが。

メロディアスHRの名作、"INTUITION"の後に出したアルバムだから
このアルバムに対するファンの期待は一方ならぬものが
あったことは想像に難くなく、それだけに
本作品での一般的な低い評価も無理は無いが、まあ何と言うか・・・
巷で言われるほどそんなに出来は悪くはないと思う。
このアルバムが嫌いな人は、おそらく②③で聴けるような
LAメタルチックなメロディラインが駄目だったのでは無いだろうか。
だけど、④は結構イケる・・・みたいな感想を持ったのだろう。

ロニー・ル・テクロの例の奇妙なギターソロだってあるし、
トニー・ハーネルの透き通るようなVoもいつも通り。
まあ、メロディの完成度を問われれば
やっぱり前作と比べると劣る・・・かな。

それでも①とか②、それに⑦のようにグルーヴ感溢れる
楽曲に北欧テイストのあるメロディが合わさり
新境地を開拓しているところも見てやって欲しい。
⑦とかは本当にいい曲だし、
メロディアスHRファンなら、噂を気にせず聴いて欲しい。
EXTREMEを好きな人には意外とツボのサウンドかも
しれない。("INTUITION"のレビューでも似たことを書いたな・・・)


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Downhill racer
③Mother warned me
④Lionheart
⑤Rain
⑦Rock'n roll away



総評・・・86点

インテュイションインテュイション
(2007/07/04)
TNT

商品詳細を見る


'89年にリリースされた3rdアルバム。
そう言えば、彼らはノルウェー出身らしいのだけれども
今、ノルウェーと言ったらTNTみたいなバンドよりも
ブラックメタルのイメージがするんだよなぁ・・・
まあ、どうでもいい話なんですけど(汗)。

今聴くと、流石にちょっと古いかな・・・と思う部分もあるのだが
実際20年もの前の作品なのだから仕方ない。
だから、洗練された古さを感じさせない、サウンドとは言えないが
このポップセンスはやっぱり凄いね!

ロニーのあの、サステインを殺した
キョキョキョッとなる(笑)ギターソロが面白い②は一聴すると
後のEXTREMEのようなファンキーさがあり、
EXTREMEはTNTをお手本にしたんじゃないかと思った。
バンドごと上手いのも共通しているしね~。
(当時、ロニーはヨーロッパではイングヴェイか彼が
代表的なギターヒーローとも呼ばれていた程の存在。
有り得ない話でも無い・・・かもしれない。)

捨て曲が全く無いアルバムでは無いが、③~⑤それに⑨の完成度は
世界中のメロディアスHRの歴史に残る、と
言っていいくらいのもの。
④なんかは金妻みたいなドラマのOPにすると
ハマりそうで、良い意味で凄く昭和の香りがする
ノスタルジーと涙を誘発させる名バラード。

アルバム全体で30分ちょっとしかないので、
一気に吹き抜ける爽やかな風のようで、とても素晴らしい。
これは・・・手放せないね。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Tonight I'm falling
④End of the line
⑤Intuition
⑨Take me down(fallen angel)



総評・・・92点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。