謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
StormwarriorStormwarrior
(2002/11/26)
Stormwarrior

商品詳細を見る



'02年にリリースされた1st。

LOST HORIZONの1st並みにインパクトのあるジャケットだ。
中心に描かれている人を見て、DAIGOを思い出した・・・。

彼らはドイツ出身で・・・まあ、実際に音を聴いていただければ分かることだが
彼らはカイ・ハンセン在席時のHELLOWEEN
あるいはGAMMA RAYをリスペクトしている
のだろう。Voのサンダー・アックス(笑)氏の歌も凄くカイっぽい。
そのリスペクトに応えるかのように、カイ・ハンセン本人も
数曲で参加している。

音楽的にも正に、往年のジャーマンパワーメタルと言った趣で
イントロの①の後"Ride the sky"に似たリフを持つ②からして、
猪突猛進、歌には勇壮なコーラスをふんだんに入れて
雰囲気は十分に出ている。
勢いだけじゃなくて、演奏力もまあまあ高い。
だけども、曲のメロディ、テンポが似た曲が多くて
いくらカッコいいとは言っても飽きる。
何というか、雰囲気はいいんだけども
初期のHELLOWEENのそれとは違い、演奏が稚拙でも
心に突き刺さるメロディというのが無いのが困った。
どの曲もそれなりに良くて、聴ける。
だけど、それだけかな・・・と思った。

・・・まあ、Guのサイスウィルダー氏とゲスト参加している
ダーク・シュレヒターのソロの掛け合いが聴ける
⑦はかなりカッコいいけれども。

⑫はHELLOWEENのカヴァー。カイ・ハンセンと
マーカス・グロスコフが参加しており、これは
オリジナルとよく聴き比べてほしい。ところどころ
微妙にアレンジを変えており、面白い。

先述の通り、曲は悪くはないと思うが
それを飽きさせずに聴かせるための曲単位での
「メロディやリズムでの楽曲の差別化」が
あまりできていないのがちょっと問題だ。
DRAGONFORCEでもその辺は一応意識しているのだが、
彼らの場合、この作品ではそのことはあまり気にはしていないのかも。
質は決して低くないのだが、う~む・・・。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Sons of steel
④Bounde by the oathe
⑤Deceiver
⑦Deathe by the blade



総評・・・74点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。