謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hold Your FireHold Your Fire
(2008/02/01)
Firehouse

商品詳細を見る



'92年にリリースされた2nd。

路線的には1stとほぼ同じ。だが、こちらの方が私は好き。
全体的に曲の質が高くなっているように思えるからね。

哀愁漂うメロディが目立つ①でアルバムが始まるのは意外ではあるが、
BON JOVIなどと同様にこういう泣きのメロディのある曲を
作るのも彼らは上手い。
彼らの曲としては王道のメロディを
持った②では豪華に重ねられたヴォーカル・ハーモニーが
とても印象的。いわゆるアリーナクラスの大きなライブ会場での
ライブも想定して、このようなアレンジにしているのかも。

③は甘くポップなメロディを持つ曲で、こういう曲は
当時売れ線だのなんだのと馬鹿にされていたが
ハードポップをやるバンドでもこれほど甘いメロディを
堂々と出せるかどうか、ってくらい
ちょっと恥ずかしい(笑)。いや、私は大好きなんですけどね。
と思えば、④のようなLAメタルチックな曲もちゃんと
ハマるのだから不思議ではある。
ともあれ①~⑤まではどれも飛ばして聴く曲って無いなぁ。
節操が無いと思うかもしれないけど、実際いい曲なのだから仕方無い。

とまあ、前半は素晴らしい曲が揃っているが
中盤がちょっとダレる・・・と言うかちょっと曲の質が
落ちるかな。⑦は面白いアレンジだし
⑥と⑧等もR&R調の曲が特に好きな人にはアピールするだろう。
⑩はサビの歌メロが泣ける、いい曲なのだが、
順番がちょっと悪い気がする。
個人的にあまり好きではない⑨とテンポやキーが近いため
似た曲っぽく感じるので・・・。
⑪はMOTLEY CRUEがカヴァーした"smokin'in the boys room"に
似た雰囲気を持っているブギー調の曲。

ラストの⑫は前の曲の⑪が底抜けに明るかったため
ちょっとしんみりしすぎて戸惑うが、素晴らしいバラードだ。

前半に良い曲が固まり過ぎている感はあるけど
なかなか良いアルバムだと思う。
1stと比べれば、私としてはこの2ndの方が好きだが
いずれにせよ、1stが気に入ったなら
こちらを買っても期待を外すことは無いだろう。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Reach for the sky
②Rock you tonight
③Sleeping with you
④You're too bad
⑤When I look into your eyes
⑩Life in the real world
⑪Mama didn't raise no fool
⑫Hold the dream



総評・・・87点

スポンサーサイト
FirehouseFirehouse
(2008/02/01)
Firehouse

商品詳細を見る



'90年にリリースされた1st。

私が「アメリカンHR」というジャンル名を聞くと最初に思い浮かぶのは
彼らやBON JOVIのサウンドだ。
それくらい「いかにも」なアメリカンHRをやっているね、このバンドは。
歌メロもサビの部分が歌いやすく、覚えやすくなっているのは
先輩BON JOVIのアドヴァイスや影響もあるのだろう。
とてもキャッチーでいい曲が揃っている。

①はサビの部分などはきっと、ライブで観客に歌わせるために
考えたんだろう。ミドルテンポで割りとへヴィな曲だが
思わず歌いたくなるような歌メロだ。
③はいわゆるバッドボーイズR&Rっぽい曲で、
MOTLEY CRUEをメロウにしたような曲調。
私はこの曲のリフが結構好きです。

④は当時売れたらしくて、まあそれだけいいメロディのある曲だ。
そんなに個性的な曲ではないけどね。
⑤⑥⑦まででやっていた曲調とはうって変わって
⑧はWHITESNAKEの"Crying in the rain"を彷彿させる
ブルーズ色の強い曲をやって意外に感じた。
更に⑨は何と、アコースティックギターによるインスト。
前半だけ聴いてたらそんな曲をやるバンドにはとても
思えないのだが、彼らは実のところアンプラグドっぽいアルバムも
出しており、そのクオリティが高かったりするのだ。

バラードも⑪などいい曲があるが、
捨て曲もあるし、「1stにしてはよく出来ているな・・・」
くらいのアルバムだね。
個人的には⑩のようなストレートなアメリカンHRもいいが
③みたいな曲をもっと聴きたかったなぁ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Shake&tumble 
④Don't treat me bad
⑦Home is where the heart is
⑩Overnight sensation
⑪Love of a lifetime



総評・・・84点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。