謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
American WayAmerican Way
(2009/02/24)
Sacred Reich

商品詳細を見る



'90年にリリースされた2nd。

後々のへヴィになる兆しが本作品では見えるが、まだ音像は
スラッシュメタルっぽく。曲によっては普通にスラッシュメタル認定していい
曲もある。

①はちょっとグルーヴィな曲で、ANTHRAXのようなパンク寄りの
雰囲気を感じる。
疾走パートは無いが、曲の展開の面白さやリフの鋭さも手伝って
退屈には感じなかった。
まあ、少しだけだがVoが一本調子なような気がするが。
②はタイトルトラックだが、正直つまらなかった。

④は歌が入っている間は、ミドルテンポの曲なのだが
3:30~4:00の間は疾走パート、と
昔のMETALLICAのような凝った曲調であり、面白い。
⑤は前半はスラッシュナンバーと言えるほどテンポが速い曲では無いのだが、
④同様に途中から曲の展開が変わり、なかなか素晴らしいツインGuによる
ソロが聴ける。
このバンドってVoやDrは普通だと思ったけど、Guは凄く私好みの音やフレーズを
弾いてくれるので
ややスラッシュ離れしたこのアルバムも楽しめるんだよね。
⑥は正統派HMっぽい叙情的なパートと、スラッシュと言うよりハードコア的な
激しいパートがある曲。

スラッシュメタルが好きな人にとっては⑦が一番興味を引くかもしれない。
最初から疾走パートが来るし、それ以外の部分のリフも面白い。
私もこのアルバム収録曲中では一番好きだ。

⑧はもう少し後の時代だったら流行ったであろう、
ミクスチャー系ロックナンバー。
これもフィル・リンドが弾いているのかな?
凄くカッコいいスラップベースが聴けるが、スラッシュメタルファンには
受けが悪いかもね。

「メタルばかりじゃなくて、色々聴け!」的なメッセージが込められているからか、
スラッシュメタルに限らず、色んなタイプの曲が入っており
スラッシュメタルだけを彼らに求める方にはちょっと
邪魔臭い曲もあるとは思うが、出来は決して悪くない。
安くで手に入るチャンスがあれば買っておいても損はしないだろう。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Love...hate
③The way it is
⑤State of emergency
⑥Who's to blame
⑦I don't know



総評・・・83点

スポンサーサイト
Ignorance/Surf Nicaragua(2CD/DVD) (PAL/Region 0)Ignorance/Surf Nicaragua(2CD/DVD) (PAL/Region 0)
(2007/08/07)
Sacred Reich

商品詳細を見る



'87年にリリースされた1st。

ジャケットが違うが・・・まあいいか。
アメリカのスラッシュメタルバンド。
モダンへヴィネス系に走った時代もあるが、この頃は
気持ちいいくらいの純なスラッシュメタルをやっている。

このバンドのいいところは、疾走パートはSODOMみたいな感じで
ちょっとヤケクソ気味に突っ走っているのだが
曲の構成がしっかりしていて聴き応えがあるところだ。
①④が正にそうで、疾走パートに入るインスト部分なんて
かなりまとまりがある。

②は疾走パートでのドラミングこそ粗いが、終始不穏な雰囲気を
Guが醸し出していて、途中3連になるところが
えも言えない不気味さがあっていい。
不気味さと言えば、⑤のイントロのベースラインもそうだ。
Baのフィル・リンドのゆったりとしたベースリフから
スタスタとした疾走パートに走る展開は、こういうバンドでは
展開として読みやすいものだが、
そうだから気に入らないという人はいないだろう。
スラッシュメタル好きなら先が分かっていても
反応するんじゃなかろうか。

どんよりとしたイントロから始まる⑦もなかなかいいけど、
疾走パートがちょっと整合感に欠けるように感じるし、唐突すぎる感も否めない。
ま、そこがいいという人もいるだろうが。

スラッシュメタル界ではそんなにマイナーなバンドでは無いが
このアルバム自体を単体で手に入れようとすると
高価なようなので、"SURF NICARAGUA"とか一緒に入った
ものも売っているので、そちらを買うのが良いかも。
それにしても、いいアルバムが入手困難というのは難儀なことだ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Death squad
②Victim of demise
④Ignorance
⑤No believers
⑧Sacred reich
⑨Administrative decisions



総評・・・85点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。