謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Time RequiemTime Requiem
(2007/11/13)
Time Requiem

商品詳細を見る



'02年にリリースされた1st。

MAJESTICというバンドをご存知ならば、話は早いのだが
このバンドはそのMAJESTICというバンドのリーダーである
リチャード・アンダーソンという凄腕Keyが
MAJESTICというバンド名が使えなくなったために新たに
作ったバンド。
MAJESTICと比べると、幾分プログレメタル風味が増しており
Voの声質もあってSYMPHONY Xっぽい。
SYMPHONY Xと大きく違うのは、このバンドの主人公がKeyであること。

個人的には
Keyが主人公のメタルバンドで好きなバンドは
あまりいないのだが、このバンドの場合はGuもちゃんと前に出ており
アンサンブルに絡んでいるので印象は悪くない。
が・・・それにしても凄く弾きまくっているね、このKey。
まるでKey版イングヴェイ・マルムスティーンだよ(笑)。

①からして9分台の尺の長い曲を持ってきており、確かな演奏力・作曲能力に
よって聴き手を圧倒するが・・・ちょっと同じフレーズを
繰り返したり冗長に感じる部分も無くは無い。

が、それでも私は典型的なネオクラスピードナンバーの②で、
一気に虜になりました。
そりゃあ、SYMPHONY Xそっくりだと言われれば否定はできないのだが
メンバー個々の演奏力が凄まじいため、中途半端なフォロワーでも無いし
8分もあるのに、聴かせる曲になっているのだから
心情的には大目に見てあげたいのだ(苦笑)。

③はまんまイングヴェイ・マルムスティーンの疾走ナンバーかな。
似たリフの曲があった気がするし、Keyソロも
かなりイングヴェイっぽいフレーズを弾いている。

インストの⑤はリフの主役がKeyであること以外は
特別に個性的な要素は無いが、こういうネオクラ系様式美ナンバーには
かえって決まりきった形式から逸脱しない方がいいのかもしれない。

⑤まではスピーディでスリリングな演奏ばかりが多くて、疲れるかも
しれないが⑥では相変わらずKeyやGuがテクニカルな演奏を披露しては
いるものの、良い歌メロをじっくり聴ける。
大方のメタラーにとって一番、取っ付きやすく聴きやすいのがこの曲かもしれない。

⑦はクラシックファン、インギーファン両方が怒りそうな
フレーズ拝借の仕方ではあるが(笑)・・・
でも、いい曲ではある。
途中で入っているクラシックのフレーズはパガニーニだったっけか。
間違えてたらスミマセン。
⑧はRUSHを想起させるような、複雑怪奇なリズムの小曲。

どの曲も音の密度が濃くて、全曲通して聴くのは疲れるかも
しれないが、SYMPHONY Xが好きな人はかなりハマるんじゃないだろうか。
いいアルバムなのでオススメだ。

それにしても、このバンドはメンバー全員が
とんでもなく上手いなぁ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Time requiem
②Watching the tower of skies
④The aphorism
⑤Brutal mentor
⑥Visions of new dawn
⑦Grand opus
⑨Above and beyond



総評・・・89点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。