謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The GalleryThe Gallery
(2005/04/05)
Dark Tranquillity

商品詳細を見る



'95年にリリースされた2nd。

スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンド。
1stをリリースしていた当時に歌っていたVo・アンダース・フリーデンが
音楽的な意見の違いから脱退し、サイドGuであったミカエル・スタンネが
このアルバムからVoを務めることになった。

このアルバムが彼らの初期における名盤とされているようだが、
個人的には同時代に、このアルバムよりももっと素晴らしい
メロデスの名盤が出ていると思うし
正直言って、あんまり好みではない。

まあ、ファンの間で人気がある①は確かに良い。
整合感のある演奏では無いが、暗く美しいメロディがあり
アレンジに関しても、メロデスが出始めたばかりで試行錯誤を
繰り返して練りに練った跡が伺える。
③がアルバム収録曲中でもっとも気に入っている。
①もそうだけど、彼らが考えるメロデスナンバーは
正統派HMのメロディも入っているが
ちょっと、プログレッシブロックとかフォークロックの
影響があるような気がするね。
曲中に入ってくる美しいピアノのフレーズとか、この手の音楽にしては
珍しく、Baが高いところをよく弾いたりして
ルートではなく積極的にメロディに絡むところとか。

それと、彼らの場合は典型的なメロデスナンバーである④⑦のような曲よりも
⑤のように女声Voを大胆に入れたりと
ある意味異端である、ギミックを積極的に取り入れて
耽美的なメロディを生かした曲の方が
楽しめた。
これは音の軽さやアンサンブルの質がそう思わせるのだろう。
現に後年の彼らの作品の中では、「いかにもメロデス」という
疾走パートとメロディを生かした曲にも
良いと思った曲があったからね。
だから⑦とかメロディは良いけれども、CARCASSほどの迫力を感じないんだよね・・・。
やっぱり音質って大事だなぁ。

⑫から⑯はボーナストラック(多いなぁ(笑))。全てがカヴァーであり
⑫がKREATORのカヴァー。⑬がSACRED REICH、⑭がIRON MAIDEN、
⑮がMERCYFUL FATE、⑯はMETALLICA。
⑯がアレンジなどが上手くて楽しめた。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Punish my heaven
③Edenspring
⑤The gallery
⑨The emptiness from which I fed
⑪...Of melancholy burning
⑯My friend of misery



総評・・・83点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。