謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Light from AboveLight from Above
(2008/03/18)
Black Tide

商品詳細を見る



'07年にリリースされた1stアルバム。

昨年、BURRN!誌等でも大きく取り上げられたので
ご存知の方も多いだろう。
メンバー全員の平均年齢が非常に若いことでも知られる
彼らがやっている音楽は、80年代のHR/HMがルーツにあると
言われているが正にその通り。
私が聴いた感じ、SKID ROWが若干正統派よりになったような
へヴィメタルのような、そんな印象を受けた。

逆に言うと、明らかに正統派っぽい曲をやっているのに
リズム隊のプレイがちょっとバッドボーイズR&Rみたいな
グルーヴを出しているので、そういう意味で新鮮なサウンド。
曲調は懐かしい感じがするんだけど、そんな不思議なアルバムかなぁ。

それにしても平均年齢が若く、特にVo・Guのガブリエルなんて
まだ15歳なのに随分演奏が上手いと思う。
これくらいの年齢の子だと、普通こんな80年代っぽいメタルなんて
やらないというイメージが私にはあるし
皆、KILLSWITCH ENGAGEみたいなメタルコアとか
今流行っているらしいデスコアみたいな音楽をやる人が実際多いはず
なのだが
BLACK TIDEみたいなバンドがいると何となく嬉しくなるね!

それは単なるノスタルジーだけじゃなくて、古いメタルは消え行くだけでなく
ちゃんと形を変えて(彼らはあんまり変えてないが)残っていく
様が分かるから安心できる。
こういうダサカッコいいHR/HMも残っていないとね(笑)

曲単位で一番カッコいいと思ったのは⑤かな。
イントロがまるでザック・ワイルドみたいなギターリフで
頭よりも腰が動く(と言っても、黒人的ノリではないのでご安心を)
グルーヴィかつへヴィな一曲。
⑨はMETALLICAのカヴァー。これもなかなかカッコいい。

若さゆえにアルバムのアレンジなどは粗削りな部分もあるが、
今日びベテランバンドでも、なかなかこれだけストレートに
カッコいいアルバムを作ることは難しいもの。十分評価できる出来だ。
今後に期待、という気持ちもあるし
若干点数はひいき目に見ている部分はあるかもしれないけどね(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Shock wave
④Give me a chance
⑤Let me
⑥Show me the way



総評・・・86点
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。