謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MelissaMelissa
(1997/11/11)
Mercyful Fate

商品詳細を見る


'83年にリリースされた1st。

デンマークの正統派HMバンド。
私と同世代の30代であれば「BASTARD!~暗黒の破壊神~」という
週刊少年ジャンプに連載されていた漫画があるのをご存知だろう。
その漫画に出てくる、ダイ・アモンというキャラクターの
モデルになっているのが、このバンドのVo、キング・ダイアモンドだ。

私もそれを前持って知っていて、このバンドを後追いで聴いた
訳だが・・・白塗りにキツイメイクをした風貌に負けず
Voの声質も結構個性的。お世辞にも美声とは言えないし
裏声を頻繁に多用する歌い方もかなりクセがある。
私的には・・・かなり苦手な部類に入る。

ただ音楽的には先述したように正統派HMであり、それプラス曲が凝っている。
随所にドラマティックな歌メロや、ツインGuによる
ハモリが非常に美しい部分が見られるのだが・・・。
ちょっと「凝っている」というのを通り越して
①は作り込みすぎかな~とも思う。
いいメロディがあるのに、凝った展開に振り回される印象があるし。

ただ、ハンク・シャーマンのGuフレーズはなかなかカッコ良くて
変態的、とまではいかないまでもIRON MAIDENみたいな
凝った正統派HM好きにはアピールする曲があると思う。
あとはVoを気に入る(と言うか「聴ける」)かどうかだろう。
そこさえ大丈夫なら、かなり楽しめるはずだ。
③はインストだとしても楽しめる曲だし(むしろVoは要らry・・・)。

④はイントロはかなりいいんだけど、無駄に凝っているねぇ。
5分くらいの曲でこんなに凝らなくてもいいかな・・・と思う。
まるでへヴィメタルの音でフランク・ザッパみたいなことを
やっているみたいだ。
まあ、Guがカッコいいことは認めるけど。

⑥は11分もある長い曲。
曲調はドゥームっぽくメロディは部分的に聴くとかなり美しい。
まあ、それはいいのだけど
どんな意味があるのか分からないが、
妙に曲の展開がマニアックだし、キング・ダイアモンドの歌も
素っ頓狂でちょっと付いていけない・・・イカれてる・・・。
その辺のブラックメタル聴くより、キチ○イじみてて怖い。

⑦はハンクとマイケルのGuフレーズが叙情的で
素晴らしいメロディを弾いているため、純粋に楽しめた。

まあ、何と言うか・・・言いたいことは一つ。
ハンクとマイケルが作った曲を、エリック・アダムス辺りに
歌ってもらいたいなぁ・・・キング・ダイアモンドのファンには
申し訳無いけど。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Into the coven
④At the sound of the demon bell
⑦Melissa



総評・・・72点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。