謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
This Darkened HeartThis Darkened Heart
(2004/03/23)
All That Remains

商品詳細を見る



'04年にリリースされた2nd。

本作品より、新たにGuマイク・マーティンが加入し
ますますGuの存在感が出てきたようだ。

それにしてもメタルコアとメロデスの区別って、難しい。
このバンドの音を聴いていると特にそう思う。リズムパターンやリフ等を
聴くと確かに確かにハードコア由来のアプローチがあり、
いかにもアメリカ産メロデスでありメタルコアと言える。
よく、メタルコアをメタルコアたらしめる要素の
一つとしてVoのクリーンパートの多さが指摘されるが、
そのクリーンVoもこのアルバムに限って言えば少ない。
(ちなみに1stではVoのクリーンパートは皆無だ)

何はともあれ①を聴いて欲しい。
「メロデスは好きだけど、メタルコアは苦手」という人の信念を
迷わせる程の正統派HM方面で聴ける泣きのメロディがあると思うのだ。
2:40過ぎた辺りの展開が好きだなぁ。
Guだけじゃなくて、Baがメロディに絡むのも◎だ。
④なんてリフからして、滅茶苦茶メロウで良いリードGuを
弾いていると思う。
それでいて、そういうメロディアスなリフを
タイトなリズムで弾き切ることでドライさもある。

他の曲もそう、⑤のようにメインリフはザクザクした音で
冷たく刻まれているが、バックには常にメロディが流れており
リズムよりも明らかにメロディを重視している。
⑥はインスト。下手な正統派HMバンドよりも
いい出来のメロディだ。

タイトルトラックの⑩は他の曲と比べると、アグレッシブ。
まあ、メロウな曲ばかりだとメタルコア好きには
受けないのだろう。

⑩のように「いかにも」なメタルコアナンバーもあるには
あるが、このアルバムは基本的には伝統的なメタルファンに
アピールするメロディが多いと思う。
是非聴いてみて欲しい。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①And death in my arms
③Vicious betrayal
④I die in degrees
⑤Focus shall not fail
⑥Regret not
⑧For salvation



総評・・・86点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。