謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dog Eat DogDog Eat Dog
(1992/08/25)
Warrant

商品詳細を見る



'92年にリリースされた3rd。

音楽性としてはやや当時のグランジブームを意識した感はあるものの、
彼らの1st、2ndの楽曲を楽しめた人ならばそんなに気にせず
今までの彼らの音楽を期待しても問題の無い内容だと思う。
当時はどう思われたかは知らないけど、
この程度のへヴィネスならば
今の若きメタラーならば
初めて聴いたとしても、とりあえず何ともなかろう。

①は"Cherry pie"と同系統のパーティR&Rっぽい曲調。
これは楽しめたね。
②は重々しいリフから始まるが、歌メロはとてもキャッチー。
③はあからさまにグランジっぽいAメロが
気だるいが、サビはこれまたキャッチー。

④はエリック・ターナーのGuの切れがなかなかいいが、
曲の良さにそれが反映されているかどうかは疑問。

で、ここから先は出来はそこそこなんだけど
キラーチューンっぽい曲は無くて印象に残らず・・・
⑧だけはイントロでちょっと、憂いを帯びたいい感じのメロディアスHR系リフが
流れてグッと来た。
Guソロもなかなかで、これはなかなか。
これで歌メロが素晴らしければ、彼らの代表曲にもなったかも?!

後半になると割とバラエティ豊かな曲が多いが
前半はずっとテンション低めで、同じようなテンポの曲が
固まっているため長さを感じるのは難点かな。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Machine gun
⑧All my bridge are burning
⑩Let it rain
⑪Inside out



総評・・・78点
スポンサーサイト
Cherry PieCherry Pie
(2004/04/13)
Warrant

商品詳細を見る


'90年にリリースされた2nd。

まず、ひとこと言っておくと
能天気なジャケットとアルバムタイトルに騙されてはいけない。
あと、彼らの同世代で思うように売れなかったHR/HMバンドの
僻みのような発言にも、ね。

これは、世間で言われるような薄っぺらいものではなく
本格的にいいメロディが詰まった良盤です。

私もこのバンドのアルバムを聴いたのはこれが初めてであり、
それもついこの間、初めて聴いたのだが・・・
何で今まで聴かなかったんだろう、ってくらい
質の良いパーティR&R(あるいメロディアスHR?)をやっている。
SLAUGHTERやMOTLEY CRUEと比べると、Voのジェイニー・レインの声質にはクセが無く
あっさりめだし、歌はそこそこ上手いし
バンドの演奏力に関しても全然下手じゃないし
曲のメロディにもフックがあるしで、
普通にメロディアスHRが好きな人なら
楽しめる内容であることは間違いない。

まず①。これはジャケットやアルバムタイトルのイメージ
そのままの曲であり、パーティR&R系の曲と言っていい。
ライブで観客の大合唱を
誘発させるあざとい歌メロ、ヴォーカル・ハーモニーが
「お約束」であり、斬新さは無い曲だが、
アンサンブル面は結構へヴィで、真面目で骨太。
軟弱な感じはしなかった。
⑤ではエリック・ターナーのなかなか巧みなGuリフ・ソロも聴けるし。
ライブではどうなのか分からないけど、
アルバムを聴く限り、普通に上手いし
センスもあると思う。

③はちょっと、同世代・同ジャンルのバンドの作る
バラードよりもかなり質の高い、ドラマティックな曲が聴ける。
④は必殺のメロハーナンバー。
DANGER DANGER辺りが好きな人には堪らないだろう。

注文があるとしたら、このアルバムの収録曲の方向性を
統一させた方がいいかな・・・ということくらいだ。
①⑤⑨のような能天気なパーティR&R系の曲と
③④⑦⑧みたいな真面目にメロディアスHRをやっている曲とを
共存させるよりどちらかにしていた方が
もっと良かった気がする。
個人的にはどちらに偏ったとしても素晴らしいと思うので。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Cherry pie
③I saw red
④Bed of roses
⑥Love in stereo
⑦Blind faith
⑩Mr.Rainmaker



総評・・・89点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。