謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Master of PuppetsMaster of Puppets
(1990/10/25)
Metallica

商品詳細を見る



'86年にリリースされた3rd。

初代Ba、クリフ・バートンの遺作でもあるこのアルバムは
METALLICAの最高傑作と呼ばれることが多い。

初期のMETALLICAはいわゆるスラッシュメタルのカテゴリーで
語られることが多く、①の疾走感を一度味わうと
確かにスラッシュメタルのようなスピード感、ザクザクとした
リフが聴かれるため、それも納得だ。
だが、そういうスラッシュメタルとしての要素だけでなく
ジェイムズとカーク2人のGuの叙情的なGuメロディのハモリ方、
②での中間部、インストナンバー⑦でのメロウさも同居して
いるため、スラッシュメタルと言うよりも
METALLICA風正統派HM・・・と言うと誤解を招くかもしれないが
スラッシュメタルに正統派HMの叙情性、メロディワークを
多く取り入れた別の音楽のように感じる方も多いかもしれない。
私個人としても、純粋にスラッシュメタルと
言えるような曲は①と⑧だけのように感じる

伝統的な正統派HMバンドと彼らのこの作品とを決定的に分かつものが
あるとすれば、メロディよりもやはりリフだ。
①のリフは先鋭的ではあるものの、それは前作の曲からも
いずれはこういう曲が出来るであろうと予想はできるだろうが
②のようなリフはちょっと、思いつかないだろうね。

ストレートでは無いし、プログレッシブロックのような
ヘンテコなフックを持っているから
そういう点にDREAM THEATERなんかは影響を受けているのかもしれない。
それでいて、決して流れが切れるような作りじゃないように感じるのは・・・
私がこの曲を聴き慣れているからかな?

そして、他のMETALLICAのアルバムとこのアルバムとを
決定的に分かつものがあるとすれば、一曲の中の展開が
非常に綿密に考えられているという一点。
それに先述の、メロディとかメロウさ、かな。
最近のMETALLICAの作品にはアグレッションはあるけれども
どうも、この二点が練られていないため
物足りなく感じる。

この作品の曲の中では割と地味な始まり方をする⑥でさえも
3:00超えた辺りから、一気に後半に向けて
ドラマティックな展開を見せるため
私にとっては飛ばせない一曲になっているしね。

へヴィメタルのアルバムの中では世界的なビッグタイトルでも
あるし、聴いたことが無いという人の方が
少ないとは思うが、まだ聴いたことが無いという人は
このアルバムを聴いた時の強烈なファーストインプレッションを
味わう機会が残されているということ。
それはそれで幸せなことだ。いや、決して皮肉ではなく。

個人的には'80年代へヴィメタルの一つの完成形が
これである、とさえ思う作品だ。
未聴の方は是非聴いて欲しい。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Battery
②Master of puppets
④Welcome home (Sanitarium)
⑤Disposable heroes
⑥Leper messiah
⑦Orion
⑧Damege,inc.



総評・・・94点

スポンサーサイト
Kill 'Em AllKill 'Em All
(1995/06/20)
Metallica

商品詳細を見る



'83年にリリースされた1st。

METALLICAほど時代時代によって音楽性が異なるバンドも無いが、
この時代の彼らは、何と言うか
NWOBHM臭を漂わせたパワーメタルと言うべきか。
演奏は非常に粗削り・・・と言うか下手。
だが、勢いはありすぎる程にあるし、
中にはリフが素晴らしい曲もある。

たとえば②なんかは今聴くと、雑だけどカッコいいね。
2:30辺りで曲展開が変わるところも好きだ。B級っぽいけど(笑)。
③はクレジットがジェイムズ・ヘットフィールドと
なっているけど、デイブ・ムステインが歌うことを想定して
作られた曲のような気がしないでもない。デイブが歌うと
凄くハマりそう。

本作品で一番好きなのはやっぱり④。
リフもカッコいいし、歌メロも良いし、展開もいい。
今の彼らには疾走感のある曲を無理してやらなくてもいいから
こういう感じの、メロディと展開で聴かせる曲を
作って欲しいと切に願う。
⑤は故クリフ・バートンによるBaソロ曲。
おそらくワウペダルと何らかの歪み系エフェクツを
併用させているのだろう。
Gu並みに歪んでいる。

スラッシュメタルなMETALLICAを好む方には、若さと
B級臭さは目立つものの、⑥⑦・・・それに⑩辺りは
グッと来るだろう。

バンドの演奏の粗さと、ジェイムズの声の若さがね・・・
ちょっと聴いていて個人的に厳しかったので、割と低めの点数に
しておきました。
スラッシュメタルバンド自体があまり評価されてなかった時代に
こんなに過激なアルバムを作ったこと自体は
凄いと思うし、このバンドのHR/HMの歴史における
貢献度は素晴らしいとは思うけれども、
それとアルバムの完成度や私の好みとは別問題なので、悪しからず。
ただ、フォローをしておくとFAVORITEに挙げた曲は
演奏はどうあれ、カッコいい曲ではあります。
一聴の価値アリ。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②The four horsemen
④Jump in the fire
⑥Whiplash
⑩Metal militia



総評・・・78点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。