謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Red, Hot and HeavyRed, Hot and Heavy
(1989/09/04)
Pretty Maids

商品詳細を見る



'85年にリリースされた1st。

デビュー当初の彼らは何と、6人編成。
ロニー・アトキンス(Vo)、ケン・ハマー(Gu)、リック・ハンソン(Gu)、
アラン・オーウェン(Key)、アラン・ディロング(Ba)、フィル・ムーアヘッド(Dr)
となっており、
そのサウンドはスピード感溢れる楽曲が多い正統派HM。
曲によっては2nd、3rd辺りのHELLOWEENに雰囲気が近い曲がある。

Gu二本で弾かれた、ハモリの入った②のリフやGuソロは正にそんな感じ。
・・・と思えば③ではJUDAS PRIESTやACCEPTばりに重厚な
ミドルテンポの正統派メタルナンバーもやっている。
②③のように若干歪ませたような歌い方だけでなく、昔のロニー・アトキンスは
④で聴けるように、クリーンな声質で歌うこともできるため
曲によってはかなり透明感溢れる、北欧メタルっぽさも見られた訳だが
こういう歌い方は今のロニーにできないかな・・・。
④のような路線の曲をやって欲しいというファンは今でも多いはずだけどね。

⑥⑦のような典型的な正統派メタルナンバーの後に、
⑧のように、煌びやかなKeyのサウンドが耳を引く
ちょっと爽やかな雰囲気の曲を持って来たりするのも
彼らの個性であり、いい意味で暑苦しくない。

彼らは"Please don't leave me"のカヴァーで有名になったと言っても
過言では無いが、ポップな路線の曲だけでなく
こういう誰が聴いても正統派HMそのもののアルバムも作っていたことを
知らない方も多いだろう。
ポップな曲も確かに上手なのだが、彼らの本職(?)はこういう路線なのだと
私は強く言いたい。

もうそろそろ、彼らのニューアルバムがリリースされる。
流石に名作と呼ばれる1stのクオリティを超えるものはそうは作れないかもしれないが、
音楽性はこの1stに近いようなので非常に楽しみだ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Back to back
③Red, hot and heavy
④Waitin' for the time
⑥Battle of pride
⑦Night danger
⑧A place in the night
⑨Queen of dreams
⑩Little darling



総評・・・92点

スポンサーサイト
Future WorldFuture World
(1998/06/30)
Pretty Maids

商品詳細を見る



'87年にリリースされた2nd。

1stの評価も高いが、この2ndも完成度高いね~。

①は当時のオリジナルKeyである、アラン・オーウェンが
Guであるケン・ハマーと共に煌びやかなリフを作っており
北欧メタルの美しさと、スピードメタルの疾走感の
両方を併せ持つ名曲となっている。
また、Voのロニー・アトキンスはこの頃
今ではお馴染みのガナるような歌唱法の他に
クリーンな声も使い分けていたため
比較的後期の彼らの楽曲しか知らない方にとっては
新鮮に映るかもしれない。

②はDEEP PURPLE風のミドルテンポの曲。
この曲はクリーントーンよりも、ガナるロニーの歌い方が
よく合ってる。
③はアメリカンHRっぽい・・・かな。
まあ、歌メロがとてもキャッチーでKeyによる装飾音が印象的で
あるため、北欧メタルの匂いもあるが。

⑤はKeyが目立つ疾走ナンバー。この当時の彼らならでは、の曲と
言えるだろう。
歌メロがもっと面白ければFAVORITEに入れたかも。
曲、演奏陣はいいが歌だけはちょっと単調に感じた。
⑥は典型的な北欧美旋律ナンバー。
Guソロとソロ前の展開が特に素晴らしいね。

⑦はKeyが前面に出ているため、煌びやかではあるが
彼ら風味の正統派HMナンバーと言える。
雄雄しいロニーの声がマッチしている。
哀愁漂うメロディが印象的なバラード⑧の後は
ポップで明るい⑨でアルバムを締める辺り
後味が良い。

ただ、このアルバムはHR/HM史上に残る名曲と言うのは無い。
その代わりにほぼ全曲が良いため
このアルバムを聴く場合は一曲目当てではなく
何だかんだで一曲も飛ばさず全曲聴いてしまう方が
多いのでは無いだろうか。
またダレるほど長くもないので、聴きやすいと感じるだろう。

音が多少軽いことくらいは我慢する価値のあるアルバム。
一家に一枚、どうぞ(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Future world
②We came to rock
③Love games
④Yellow rain
⑥Rodeo
⑦Needles in the dark
⑧Eye of the storm
⑨Long way to go



総評・・・89点

スプークドスプークド
(1997/04/09)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る



'97年にリリースされた7th。

前作と比べると正統派HMの色が強くなっており、
個人的にも彼らの作品では上位に位置するアルバムだ。
①②のような正統派HM風のスピードナンバーがあるだけで
まず嬉しいのだが、
本作品では、普通の正統派HMプラス
どことなくポップな歌メロが入っているところがあり
現在のHELLOWEENと発想が近いと思われる方も
いるかもしれない。
こういうやり方は、決して美声とは言えない
ロ二ー・アトキンスの声質を考えると成功している。
なぜなら普通の正統派HMをやるよりもその方が、ダーティさが
薄れるからね。

前作が好きだった方にとっても⑤⑧のようなポップな
パワーバラードもあり、楽しめるだろう。
まあ⑦はリフがダサかったりと、気になる曲もあるし
ボーナストラックを含めると収録曲数が多く
前半ほどはいい曲が無いので
⑨くらいからちょっとダレる・・・。

⑪はKISSのカヴァーだが、これはとても
よく出来ている。イントロから歌に入るまでなどは
センスの良いアレンジで、やっぱりカヴァーやらせると
彼らは上手だな~と思う。

正直なところこのアルバム
収録時間は多少短くてもいいから⑪あたりで
終わっていても良かった気がする。
そうしたら90点以上は堅いんだけど・・・。
まあ、そういうマイナス面を考えたとしても
いいアルバムではある。

~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Resurrection(intro)~FREAKSHOW
②Dead or alive
③Die with your dreams
④Fly me out
⑤Live until it hurts
⑧If it can't be love
⑪Hard luck woman



総評・・・88点

スクリームスクリーム
(1994/10/13)
プリティ・メイズ

商品詳細を見る


ジャケ写が無いなぁ・・・。
まあ、いいや。
これは'94年にリリースされた6thアルバム。

ご存知の方も多いと思うが、彼らはジョン・サイクスのカヴァー
"Please don't leave me"で一世を風靡した。
さらにアルバム"SPOOKED"でもKISSの"Hard luck woman"を
見事なアレンジで披露してくれて
非常にカヴァー曲を上手に聴かせることのできるバンドである。
そういうカヴァー曲のお陰で有名になったとは言え
一定のイメージがいつまでも付いて回るというのは迷惑だったと思う。
今更そんなことを気にする人もいないと思うけどね(笑)

本作品では
初期の頃のパワーメタル調の楽曲はこの頃には既に
無くなっており、かと言ってこの後の正統派HM路線とも
ちょっと違い、若干アメリカンHR色が見られる。

①から勢いの良いHRでアルバムは幕を開き、テンポ良く
全編こんな感じで進むのかな~などと思っていると
中盤ではコーラスを重ねたしっとりしたバラードもあり、
Voロニー・アトキンスの実力が遺憾なく発揮されるところがある。
・・・こういう思わせぶりなことを書いたのは
私はロニーの、あの高い声を絞りだすようにして出す歌が
一曲まるまる披露されるとちょっと聞き苦しく感じるのだ。
だから⑧⑨などのアグレッシブな曲では
特にそういう傾向が見られるため、あまり良い評価ができない。

とは言え、①や③などはその歌唱法を上手く生かしていると
思うし、'90年代というメタル暗黒時代に作られたアルバムなのに
ちゃんと時代に迎合しないものを作っていることは評価できる。
言うまでもなく、私の歌に関する好みは
ロニーの声を昔からよく知っている人にとっては
アルバム全体での大きなマイナス要因にはならないだろう。

~METALIST'S FAVARITE TUNE~
②Scream
④This love
⑤Walk away
⑦In a world of your own
⑩Anytime anywhere


・・・やっぱり、バラードばっかしだなぁ(苦笑)

総評・・・86点


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。