謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Set the World on Fire (24bt)Set the World on Fire (24bt)
(2009/03/10)
Annihilator

商品詳細を見る



'93年にリリースされた3rd。

このバンドのリーダーである、ジェフ・ウォーターズ(Gu)は
非常にテクニカルなギターを弾く人であり
過去にデイブ・ムステインからMEGADETHへの誘いもあったくらいだそうだ。
(但し、当時麻薬に溺れてヤ○ザ同然になっていた
デイブにビビってしまってオファーを断ったそうだ。無理も無い・・・)
そういうこともあって、このバンドの音楽性は
MEGADETHに近い気もする。
まあ、ちょっとテクニカルでスラッシーな、パワーメタルっぽいことを
やっていると想像してもらえれば間違っていないと思う。

①はちょっと初期のSAVATAGEをテクニカルにした感じ。
スピードナンバーでは無いが
Guソロの後の、Baと一緒にユニゾンしているところが
やや変態っぽくて好き(笑)。

②はスピードナンバー。
今となってはオールドスクールと言われるような
パワーメタルだが、
こういう曲を好きになれる人は私と気が合うだろうね、ウン。

④はちょっとグルーヴィな曲で、LYNCH MOBっぽい
ダーティさ、ワイルドさがある。
ここら辺でバラードがあるといいなぁ・・・と
思っていると⑤でそれっぽい曲がある。
まあ、この曲はそこそこの出来です。
⑥はベースラインが前面に出たリフが個人的に耳を引く。

⑦は、何だか濃い目のメロディの正統派HMナンバー曲が
多い中、随分とキャッチーな曲だ。

それにしてもこれらの曲を聴いて思うのが、ギターの
メロディラインがカッコいいし
上手い。
その反面、このアルバムでのVo・アーロン・ランドールが
ちょっと地味に感じた。
⑪はJUDAS PRIESTのカヴァー。彼では役不足かも・・・。

まあ、よくできているアルバムだし
ギターはカッコいいね。これでもう少し強烈な個性があれば
ギターヒーローになっていたかもしれませんね。
点数としては、まあこんなものかな。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Set the world on fire
②No zone
③Bats in the belfry
⑥Knight jumps queen
⑧The edge
⑨Don't bother me
⑩Brain dance



総評・・・88点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。