謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクリーミング・シンフォニースクリーミング・シンフォニー
(2008/07/23)
インペリテリ

商品詳細を見る



'96年にリリースされた4th。

この時期の彼らは
イングヴェイ・マルムスティーンとは違った意味でマンネリズムを
貫いていたようなので、批判はあるだろうが
こういう正統派HMは当時としては、希少価値があったため
重宝したものだ。
だが、今だとどうだろうなぁ。正統派HMの復興という動きも
あるし、それなりに彼らと同じような音楽性のバンドも
いるため、珍しくはなくなっている。
質は高いし、彼らのアルバムの中でも最高傑作に挙げる声も多いが
あまりにも前作に収録された曲と似た⑨などもあるし、
同じアルバム中の曲でありながらリフがそっくりな①と③
など、気になるところは多々ある。
曲のタイプもストレートに疾走する正統派HMナンバーか
重厚なミドルテンポの曲と、基本二つしかないため
人によっては飽きるのが早いかもしれないのだ。
思い切ってバラードを入れてもいい気がするが、
確か、わざとそうしているとインタビューで聞いたことがあるんだよな・・・。

ただ・・・Guの切れはやはり凄い。
④なんか、曲は大したことは無いんだけど
Guソロの速さ、フレーズのイカつさ、インパクト十分だ。
タイトル通りにチキンピッキングを使った、クラシカルなインストも
素晴らしいし、
⑦のイントロのGuフレーズも、Guのことをよく知らない方でも
その凄さが堪能できると思う。

本作品はIMPELLITTERIのアルバムを
1stから順番に聴くと、あまり良さを体感しづらいアルバムかも
しれないが、このアルバムから聴くと
凄くハマる人は多いかもしれない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Father forgive them
②I'll be with you
④Kingdom of the light
⑥17th century chicken pickin'
⑦Rat race
⑨You are the fire



総評・・・86点

スポンサーサイト
アイ・オブ・ザ・ハリケーンアイ・オブ・ザ・ハリケーン
(1997/12/05)
インペリテリ

商品詳細を見る



'97年にリリースされた5th。

音楽的方向性は良くも悪くも、前々作くらいから変わらない。
こういうのが好きな私にはあんまり気にならないのだが、
それでもちょっとそろそろ変化が欲しい気がしてきた(笑)。
とは言え、そこは流石IMPELLITTERIと言うべきか
曲の質はなかなか良いのだ。

①はスピード感と起伏に欠ける曲なので、掴みが良くないな・・・と
思っていたらGuソロはネオクラHMファンを喜ばせるハモり入りの
流麗なものが入っている。やはり、ただ下らない曲を作ってくる
ってことはしないんだな、この人らは。
②③はまあ・・・よくやるIMPELLITTERI風正統派HMナンバー。
目新しさは無いが、ロブ・ロックの歌メロも相変わらず冴えており
私は好きだ。

④はインスト。こういうスピーディなネオクラHM系のインストは
イングヴェイ辺りもやらないので貴重になりつつある。

イントロの美しいアルペジオから、⑥は「おっ?!新しいタイプの曲か?」と
一瞬思ったが、ロブの歌メロが入るといつも通りの正統派HMナンバーに。
ロブの語りと一部コーラスがダサい気もするが、曲は悪くない。
⑦はイングヴェイタイプのギタリストらがやる曲とは違って、
あまりネオクラという雰囲気はしない
あっさり風味の泣きの入った小洒落たバラード。

⑧はへヴィなリフが印象的な曲だが、Guソロ直前で何故か変拍子を入れて
大きく曲の展開が変わる。
⑨もサビ直前で同じようなことになる。
・・・一体、何故こんなことをしたのだろう?
この二曲にはそういうギミックはあまり合っていない気がするのだが。

⑩はインスト。直球だった④と比べるとちょっと捻った後が見られる。
⑪はバラード。
終始殺伐としたアグレッシブかつへヴィなリフの曲が多いため、
ホッとする。

何だかんだで色々とイチャモンを付けたけれども、決して悪い
アルバムじゃないです。
ちょっと変わった曲展開があるのも、クリス・インペリテリなりの
作曲への工夫だろうし、
聴き手を意識している結果だろうと思う。
そして、肝心のGuプレイに関してはファンの期待を裏切ることの無い
メロディアスかつ、テクニカルなフレーズが聴けるので
問題は無い。
更に、マイケル・ワグナーによるミキシングで
いい音に仕上がっているし、で
買って損はしないと思う。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Eye of the hurricane
③Fuel for the fire
④Race into the light
⑦On and on
⑧Everything is you
⑨Kingdom fighter
⑪Paradise



総評・・・86点

Stand in LineStand in Line
(2009/05/18)
Impellitteri

商品詳細を見る



'88年にリリースされたフルレンスの1st。

Voがグラハム・ボネットで、この頃のクリス・インペリテリが
作る曲、Guのプレイスタイルは今と違って
モロにYNGWIE MALMSTEENっぽくて
更にKeyが割と目立っていることから
①を聴いた時に「ALCATRAZZか?」と思われる方もいるかも。

・・・しかし、速いよな~(笑)。
今じゃテクニカルなGuはごまんといるけど、それにしても
速い。
③⑤⑥のGuソロとかは、正確さは今ほどじゃないけど
特に凄いね。速すぎる。
音が悪くてその速弾きのソロも聴き取り難いのが
残念だけど。
個人的には⑧が一番好きかな。
この曲は他の曲と違って、今のIMPELLITTERIに一番
近くて、正統派HMの路線だから
気に入っている。
まあ、この人はあまりネオクラ系HMをやるとイングヴェイっぽく
なるので、正統派HMに傾いた方がいいと思う。
・・・とか言いつつも⑨みたいに
モロにネオクラしている曲は私のストライクゾーンなので
やっぱりFAVORITEに入れてしまう訳だが・・・(笑)。

音が悪かったり、クリスのスタイルもまだ模倣の域を
完全には出ていない等の弱点はあるが
全体的に漂うムードは、ネオクラ系HMのそれであり
最近の彼らがやるような正統派HMとは違うため
これはこれで面白い。
曲もそれなりにいいし、IMPELLITTERIを語る上で
色んな意味で外せない一枚かな。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Stand in line
③Secret lover
⑧Goodnight and goodbye
⑨Playing with fire



総評・・・82点

アンサー・トゥ・ザ・マスターアンサー・トゥ・ザ・マスター
(2004/09/22)
インペリテリ

商品詳細を見る


'94年リリースの3rdアルバム。
それにしても、このアルバムプレイヤーにかけてから聴き終わるまでが
実に短く感じる。実際、全9曲収録で30分程度しかないからなの
だろうが・・・密度が濃いから、そう感じる部分もあるのだろう。

当時からイングヴェイ・マルムスティーンとよく比較された彼ではあるが、
このアルバムを聴いてみると、イングヴェイと同じように
クラシカルなフレーズの多い速弾きが聴けるが
全体的に彼とはかなり違った
切り口でHMを追求しているのが分かる。
まず、こちらの方がより正統派っぽく
キーボードも入ってはいるがそれがサウンドの主役にならず
味付け程度のもの。当然、ギターとのバトルも無い。
そして、疾走曲においてはギターリフで勝負している
印象を受けるので、キラキラした様式美、メロスピ
と言う感じではなく、
メロパワと言った方がしっくり来るかもしれない。

③⑤を聴くと、ギターのクリス・インペリテリは
イングヴェイというよりもRAINBOWが
好きなんだろうな~と思う。ロブ・ロックの歌う歌メロが
そう思わせている部分はあるだろうけどね。
個人的にあまり面白いと思わなかったのは⑥のみ。
クリス曰く「とてもへヴィなリフを持っていて、
これが全体を通してグルーヴを生んでいる曲」
とのことだが
私にとってこの曲はリフ・ソロ共に少し退屈でした。

④のような重厚なバラードも入れたり、と工夫もしているし
タイトルトラックの⑦なんかはメロパワ好きな人ならば
ライブだとヘドバン、大合唱必至の名曲ですな。

~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Warrior
⑤Hold the line
⑦Answer to the master



総評・・・88点


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。