謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Spreading the DiseaseSpreading the Disease
(1990/06/15)
ANTHRAX

商品詳細を見る



'85年にリリースされた2nd。

スラッシュメタルと言うと、ちょっと強面の兄さんがやってると
いうイメージが今も昔もあると思う。
それはスラッシュメタルの帝王とも言われる
このジャンルの代表格であるSLAYERの外見や、
やっている音楽があまりにもアグレッシブで、非人間的と
言ってもいいくらいの曲のスピードから
生まれるイメージだろう。

しかし、同じスラッシュメタルでもANTHRAXは何となく
怖くない。いや、もっと言えば馬鹿っぽい(笑)。

何と言うのかな・・・狙っているのかは分からないが
まず上のジャケットを見て欲しい。
彼らの場合アルバムジャケットからして、怖いと言うよりも失笑を買うような
ダサいものが特に多く、
これじゃ迫力は無いかもしれない(笑)。

この2ndの音楽性も、そういう馬鹿っぽさと明るさがあり・・・
オールドスクールハードコアの匂いがする
スラッシュメタルをやっている。

明るい、馬鹿っぽいとは書いたがVoのジョーイ・べラドナを
はじめ、実力はある人達だから④⑥⑨のような
勢い重視、猪突猛進な曲はお手の物。
頭を振らせるにはどうすればいいのか、を彼らは知り尽くしている。
かと思えば⑦のように前半だけはしっとりとした曲もやって、
ジョーイの歌唱力を遺憾なく発揮させているところも面白い。

リズム的にまだ固さがある気もするが、覚え易くキャッチーな
スラッシュメタルを好まれる方には不満など無いだろう。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Lone justice
③Madhouse
④S.S.C./Stand or fall
⑥Aftershock
⑦Armed and dangerous
⑨Gung-ho



総評・・・88点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。