謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグ・バング・セオリービッグ・バング・セオリー
(1998/07/05)
ハーレム・スキャーレム

商品詳細を見る



'98年にリリースされた5th。

音楽的な路線は前作とほぼ変わらない。
キャッチーな歌メロを生かした爽やかなHRサウンドに
ちょっとだけ、グランジテイストも気持ち程度に入っているような・・・
そんなサウンドだ。
まあ、テクニカルなギターフレーズが少なくなった気もするが
コーラスワークなどはそのままで、彼ららしさは
決して失ってはいないと言える。

①③のような勢いのある、HRナンバーが
好まれると思うが⑤⑦のようなグランジ・オルタナティブ色が
多分に入ったへヴィなリフを用いた楽曲で
彼ららしい、ポップなサビが入る曲が私としては面白いと思った。
前作のレビューでも同じことを書いたが
こういう楽曲をやってくれることをむしろ望んでいる。
1st、2ndの路線でもそれはそれでいいんだけど
これはこれで彼らの個性だと思う。
まあ、3rdみたいにメロディが分かりにくい曲ばかり
並ぶとちょっとアレなんだけど。

後半になるにつれて、重いリフの曲が続くけれども
⑧なんかはQUEENっぽくもあるし
決して悪い印象ばかりを抱くことは無いと思う。
ラストの⑩はかなり爽やかなバラードだし、
後味は良い。
私がこの作品を聴く時、毎回飛ばす曲は特に無い。
そんなよく出来たアルバム。
欲を言えば、もう少しインパクトの強い楽曲が
欲しいが・・・贅沢だろうか。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①So blind
②Climb the gate
③Reload
④Table turning
⑤Turn around
⑦Sometimes I wish
⑧Never have it all
⑩In my state of mind



総評・・・85点

スポンサーサイト
ビリーブ・スペシャル・エディションビリーブ・スペシャル・エディション
(1997/10/15)
ハーレム・スキャーレム

商品詳細を見る



'97年にリリースされた4th。

90年代にデビューしたメロディアスHRバンドで、私が特に
気に入っていたのがFAIR WARNINGとTERRA NOVA
そして、このHAREM SCAREMだが
このバンドは日本人にはあまり受けなかった。

しかし、その理由は何となく分かる。
このバンドは、先述の二つのバンド同様にメロディアスで
コーラスが印象的なHRをやっているが
グランジ・オルタナティブロックの影響だと思うのだが、
独特のへヴィさ、気だるさを持った曲が前作から割りと増えたこと。
そして、あとはメンバーのスター性の無さ(苦笑)が原因だろう。

私としてはその「気だるさ」は彼らの個性と受け取っているし、
メロディアスHRとしての魅力を失わせることにはならないと
思うし、逆に上手くそれをメロディに絡ませることに
成功していると思うのだが・・・
これは「匂い」の問題であり、
(分かってもらえるだろうか?)
ここが気になると
好きになれないのも分からなくはない。
前作でその匂いが強くなり、へヴィでダークな作風になったと
離れたファンも多かったようだ。
まあ、私に言わせれば1st、2ndの時点でその兆候が
既にあり、あれはトレンドがどうのという話でなく
最初からそういうサウンドを目指していたのだと思う。

本作品ではメンバーにとっては不本意だったらしいが、
その色が控えめになり
極端だった前作と比べると、初期の方向性に近づいている。
①から勢いのある、キャッチーな曲から始まり
先ほど言ったような「気だるさ」も全体としては見られない。
(⑥⑦がちょっとへヴィでそれっぽいが)
ハイテクを魅せることを重要視しているバンドでもないのに
歌メロを活かして魅せる、バンドにしては珍しい⑤のような
インストナンバーもあり、アイディアも良い。

全曲通して聴いてみて、一番耳に残ったのは③だろうか。
これは名曲といっていいだろう。
実に哀愁漂うバラードであり、「気だるさ」が
メロディにぴったりハマっている。

いずれにせよ・・・不幸なのはファンがバンドに求める音楽性と
バンドメンバーがやりたい音楽が一致しないということ。
その後、バンド名を変えたりと色んな事が起こり
音楽以外での話題が多くなっていたのは
メンバーも望んでいないことだろう。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Believe
②Die off hard
③Hail,hail
④Staying away
⑤Baby with a nail gun
⑥Morning grey
⑦Victim of fate
⑧Rain


・・・しかし、このスペシャル・エディションのジャケットは
何だか嫌だなぁ・・・余計な文字が入ってるし。
元のジャケットがいいんだけど。


総評・・・86点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。