謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北欧のノスタルジア北欧のノスタルジア
(1997/02/05)
クロックワイズ

商品詳細を見る



'97年にリリースされた1st。

ジャケット写真が無いのは非常に残念だ。
地味ながらも青を基調とした、美しいジャケットなのに・・・。

このバンドはスウェーデンのメロディアスHRバンド
FORTUNEの実質的リーダー、ベニー・スドベリ(Vo/Key)の
ソロプロジェクトである。
音楽性はまんまFORTUNEの1st、"MAKING GOLD"と同じで
①③④を聴けばそれが分かると思う。

①のイントロのKeyが物悲しい旋律を奏でている部分で、
もう、北欧美旋律愛好家の方々はKOではなかろうか。
それくらいインパクトの強い曲から始まり、
以降もクサすぎるメロディが全編を占める。
殆どがミドルテンポの楽曲であり、唯一⑤だけ軽快なテンポで
ジョー・リン・ターナーが歌うと後期RAINBOWっぽいかな~と思える。
あ、⑧もサビがちょっとオリエンタルな雰囲気が漂っていて
特徴的だが・・・
基本的には先述の通り、FORTUNEの1stとメロディラインが
似すぎている部分があるのでその辺がちょっと、気になる。

なお、ベニー・スドベリのVoは以前のように線が細いのは
相変わらずだが歌唱力に関しては⑥を聴くと
ちょっと成長しているのが分かるだろう。

どの楽曲も初めて聴く方にとっては良いと思われるだろうし、
メロディアスHRを好む方にとっては有名な一枚であり、
名作と呼ばれることもあるが、FORTUNEを聴いたことがある
私にとってはあまりインパクトの強い作品では無かった。
そして、私はベニー・スドベリの歌がそこまで好きでは無い。
いいメロディを作る人だとは思うけどね。
だから、あまり極端に良い評価は付けませんでした。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Wings of joy
②The blue world
④Higher ground
⑥Angels eyes
⑧Looking for love
⑩The tales of KING SOLITUDE 1:3



総評・・・83点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。