謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Divine InterventionDivine Intervention
(2007/07/24)
Slayer

商品詳細を見る



’94年にリリースされた6th。

個人的にはSLAYERのアルバムの中では一番集中して聴き易いと思った。
と、言うのはこのアルバム、SLAYERのアルバムにしては珍しく
リズムパターンや曲展開がバラエティ豊かなのだ。
それはデイブ・ロンバード脱退後の後釜となった
新drのポール・ボスタフの影響もあるのだろうか。

彼らに求められるのは猪突猛進のスラッシュメタルであり、
あまり複雑な展開を求めるファンは少ないだろうが
リズムパターンが似た曲が続くとスラッシュメタル入門者には
集中力を持って聴き辛いだろうから、これはいいんじゃないかな。

リリースされた時期がスラッシュメタル冬の時代であったため、
当時、物凄く歓迎された記憶があるが
そういうことに関係なくいい出来だと思う。
たとえば②や④、⑩は正にSLAYERファンが求めるであろう曲調だろうから
期待を外すことは無いだろうし、
それに加えて、①のように少し凝った展開の曲や
③のように3連のリズムでへヴィな曲はPANTERAのような
トリッキーなリフパターンを好むメタラーにとっても
面白く感じられると思う。

私が特に気に入ったのは①。
この曲は前半は割とミドルテンポで進められていて、後半一気に
加速される、という曲展開で
それ自体は特に珍しいことではないが、そこはスラッシュメタルを
長年やってきたSLAYER。
不吉な前兆のようなメロディラインを織り交ぜたり、と
盛り上げ方が上手い。
⑥なんかもサビでの盛り上がり方が上手いし・・・

何と言うか、疾走感とかだけでなくて
メロディ的に特に記憶に残る曲が多いのだ。
こういうバンドだと、リズムパターンが記憶に残ることが多いのに
これは非常に珍しいし、個人的にはSLAYERのアルバムの中でも
1、2を争う良作だと思う。
"REIGN IN BLOOD"だけ聴いて、SLAYERを判断しても
いいけど、それだけ聴いて良い印象を持たなかった方は
本作品もぜひ聴いて欲しい。
こちらなら気に入る方も多いかもしれないから。


~METALIST’S FAVORITE TUNE~

①Killing fields
②Sex,Murder,Art
③Fictional reality
④Dittohead
⑥Circle of beliefs
⑦SS-3
⑩Mind control



総評・・・91点
スポンサーサイト
South of HeavenSouth of Heaven
(2007/07/24)
Slayer

商品詳細を見る


'88年にリリースされた4th。

「前作"REIGN IN BLOOD"を超えるアルバムは
そうそう作れないと分かっていたから、敢えて曲のテンポを
落とした」
と、
メンバーのトム・アラヤかジェフ・ハンネマンが
そう言っていたそうだが、その言葉通り
前作と比べるとテンポの遅い曲が揃っている。
ただ、勘違いしてはいけないのは「遅い曲ばかり目立つ」訳では無く
どちらかと言うと、テンポ的にバラエティに富んでいると
解釈した方がいい。
何故ならば一曲の中でテンポが変わったりする曲もあったり、
これまで以上に速い曲も約一曲収録されているので。

①はテンポこそ遅いが、実に禍々しいメロディの曲。
速いだけではなく、彼らはこういう曲を作れるから
今のデスメタル、ブラックメタル勢にも今なおリスペクトを
受けるのだろう。

でも、まあ何だかんだ言ってもスラッシュメタルバンドには
速い曲を求めるのは自然な訳で、②や⑥、⑧のような疾走ナンバーを
求めるものだろう。
これらは彼らの曲としては、メチャクチャ速い曲という訳では無いが
(⑥は速い方かもしれないが)
落ち着いてGuソロもじっくり聴ける
スラッシュメタルとしては標準的なテンポの曲なのだが
ジェフとケリーのGuソロも含め、実にアグレッシブで邪悪なムードが
漂っている。
⑥はリフやGuソロのみならず、曲の展開、構成ともに秀逸。
全スラッシュメタルファン必聴の一曲!

③は最初、テンポ遅めだが後半速くなる曲。
普通は後半の速くなる部分が好まれるのかもしれないが
前半のテンポ遅めの部分の方が私は好き。
Guリフも面白いしね。
④はSLAYERがBLACK SABBATHの曲をやったような感じがする。
速さはそこそこなんだけど、デイブ・ロンバードの
テクニカルなドラミングが楽しめる。
⑨はJUDAS PRIESTの"Dissident aggressor"をカヴァーしている。
さらっと聴いているとカヴァーとは分からないくらい
このアルバムに馴染んでいる。

まあ、通して聴いてみると前半にいい曲が固まっていて
後半はカヴァーもあり、遅めの曲で締めていると
いうこともありで印象が薄めに
感じることもあるけれども、
SLAYER入門編としてはむしろ3rdよりも
本作品かこの次の"Seasons in the abyss"がいいかもしれない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Silent scream
③Live undead
④Behind the crooked cross
⑥Ghost of war
⑧Cleanse the soul



総評・・・84点

Seasons in the AbyssSeasons in the Abyss
(2007/07/24)
Slayer

商品詳細を見る


'90年にリリースされた5th。

名盤とされる3rdと比べると、速い曲遅めの曲と
テンポ的にはバラエティ豊かで聴きやすいと思われる方も
多いだろう。

速い曲ならばまず①⑥あたりで十分スラッシャーを満足させることが
できるだろうし、
遅い曲であっても②⑦は、Guソロ部分、リフの両方の面で
とっても不吉なメロディを奏でている。
⑦を聴けば、彼らは速いだけが取りえのバンドではないことが
分かるだろう。
またタイトルトラックの⑩の序盤を聴くと、ゆったりとした
不吉なインストを曲中に入れるアイディアは
MORBID ANGELあたりがよくやっているよなぁ・・・
やっぱり影響を受けているんだよなぁ・・・などと
しみじみと思う。
そして、タイトル通り無茶苦茶暗い曲だなぁ・・・とも(笑)。

SLAYERはそのスピード、へヴィネスだけでなく
こういう不吉なメロディラインを思いつくことに対して、
数々のデス・ブラック勢のバンドからリスペクトされ続けている訳で
そういう意味でもしかしたら、
本作品こそが彼らの本質を一番端的に
表している作品かもしれない。

・・・まあ、そうは言ってみたが
FAVORITEに挙げた曲は速い曲ばかりだし
個人的にはこれよりも
アルバム"DIVINE INTERVATION"の方が好きなんだけど(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①War ensemble
③Spirit in black
⑥Hallowed point
⑦Skeletons of society
⑨Born of the fire
⑩Seasons in the Abyss



総評・・・84点

Reign in BloodReign in Blood
(2007/07/24)
Slayer

商品詳細を見る



'86年にリリースされた3rd。

今や、彼らよりもエクストリームで刺激的な音楽も出てきて
久しいにも関わらず、なぜ彼等がスラッシュメタルを中心に
エクストリームミュージックを志すバンドに未だにリスペクトされるのか?
それはこのアルバムを聴き、彼等の他のアルバムを聴いてみることで
答えが出る。

ただ速いだけのパートでも、デイヴ・ロンバードの人間離れした
ドラミングで十分に頭が振れるし、
①⑩のように緩急をつけるために、考えられた展開は
86年のバンドの発想とはとても思えない。
今だと、デスメタル勢がよくやっている複雑で唐突な
曲展開もSLAYERを手本にしているのは間違いないだろう。

あと①もそうだが、③とかのギターソロでジェフ・ハンネマンと
ケリー・キングが交互にノイジーなソロをキメているのも
格好良すぎです。
そう、ギターソロってのはメロディアスでなくても
十分にカッコよくなるんだよね~。当たり前のことだけど。

まあ、何だかんだ言っても①だろうね。
今ではあんまり聴けなくなったがイントロのギターリフに
続きトム・アラヤの
「ィヤァァーーーーーァァァァ!!」という叫び声から始まる
この曲、おそらくスラッシュメタル好きで
知らない人は1割にも満たないだろう。
そして、聴き手にスラッシュメタルの何たるかを
一曲で教えてくれる曲だ。

ボーナストラックを除くと全部で30分に満たないのも
潔くていい。
本当にあっと言う間に終わる(笑)。

~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Angel of death
③Necrophobic
④Altar of sacrifice
⑥Criminally insane
⑦Reborn
⑧Epidemic
⑩Rainning blood



総評・・・90点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。