謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Third StageThird Stage
(1990/10/25)
Boston

商品詳細を見る



'86年にリリースされた3rd。

ジャケットが示す通り、宇宙を感じさせるくらい雄大な音像だ。
それは彼らの(と言うかトム・ショルツの)こだわりが具現化した
形というもの。
音でガッカリする、なんて人はまずいないだろう。

本作品はいきなりバラードで始まる。
そして、①以外にもバラードが多いため「プログレハード」という
額面通りにジャンル名の音楽性を期待すると
肩透かしを食らうかもしれない・・・。
何度も言うようだが、「プログレハード」とは「プログレメタル」とは
全く違うのでBOSTONにDREAM THEATERのような緊張感を
求めてはいけません(笑)。
はっきり言って、STYXよりもKANSASよりもプログレ臭は無いです。
だから、彼らの音を楽しみたいのならば
産業ロックを聴くくらいの姿勢で聴くのが正しい。

とは言え・・・やっぱりバラードが多めなのは気になる。
④はバラードではなくアメリカンHRナンバーと言えるが、
②⑤⑦⑧などのバラードではない曲も
心和む曲ではあるのだが、本来ロックに人が求める
アドレナリンが出るような曲かと訊かれれば、そうではない。
これはちと寂しい。
いくらバラードが多めで、大人しい音がメインだと分かってはいても
少しくらいは緊張感を生む曲が欲しいものだ。
まあ、これらの曲は確かにいい曲だし、
FAVORITEにもしっかり挙げてはいるんだけどね・・・。

⑨は一応、多少はプログレっぽく曲の展開を変えたりして
飽きずに聴ける工夫の跡が見られる。

自分の好みだけでやたらと酷評をするのもどうかと
思うので、このくらいの点数は付けたが
もう一度言う。バラード多過ぎ(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Amanda
②We're ready
④Cool the engine
⑦To be a man
⑨Can'tcha say/still inlove
⑩Hollyann



総評・・・83点

スポンサーサイト
Walk OnWalk On
(1994/06/07)
Boston

商品詳細を見る



'94年にリリースされた4th。

この人達、と言うかトム・シュルツは人を待たせ過ぎでしょう(笑)。
ライナーに書いてある通り、'94年までの16年間で
たったの2枚しかアルバムを出していないのだ。
しかも、表向き解散→再結成した訳でもなく、ずっと活動中に
関わらず、だ。
更にこの次のアルバムもまたまた8年後に
リリースされており
悠長にも程がある・・・と怒る方も多いだろうが
勿論、ファンを苛立たせるためにそんなことを
やっている訳ではない。

全ては彼等のレコーディングの仕方が原因で
それは物凄く手間が掛かるものであり、
「DEF LEPPARDが裸足で逃げ出すんじゃないか?」
と言われそうなくらいの完璧主義者、
トム・シュルツの音へのこだわりがそうさせるのだ。
なので、彼等のアルバムを聴く時は
良いスピーカーで、良いヘッドフォンで聴いてみて欲しい。
凄くゴージャスで高密度な音だから。

サウンドにそれ程のこだわりがあるのだから、音楽性も
そうそう軸がブレることはなく、本作品でも
いわゆるプログレ・ハードをやっている。
前に私は、プログレ・ハードはプログレではなく
実質的には産業ロックと同じ、ということを他のアルバムの
レビューで書いてきたが、
このアルバムの④~⑦は"Walk on medley"となっており
組曲のようになっていて、ここだけはちょっとプログレの
雰囲気を感じる。
そして、楽曲的にも一番の聴きどころだ。
特に⑥~⑦のKey部分は、緊張感溢れるもので
毎回分かっていてもつい聴き入ってしまう。
⑨もFAVORITE TUNEに入れてもいいとは思ったが、
④~⑦のインパクトが圧倒的に強いので
それと比べると、ちょっとその魅力も霞むかな。

なお、前作までVoをつとめていたブラッド・デルプは
RTZなるバンド活動のため、参加しておらず
本作品ではフラン・コスモという
人物が歌っている。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Surrender to me
③Livin' for you
⑤Walk on
⑥Get organ-ized
⑦Walk on(some more)



総評・・・85点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。