謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Black SunBlack Sun
(2002/05/14)
Primal Fear

商品詳細を見る


'02年にリリースされた4th。

お馴染み、ラルフ・シーパース率いる正統派パワーメタルバンドの4枚目だ。
コンセプトアルバムとなっている。
しかし、デビューしてから毎年のように精力的にアルバムをリリースしている
のは凄いね。

②を聴くと、彼らの音楽性がいつも通り揺がないものであり
ファンならば安心するだろう。
③もまあまあいいんだけど、サビの歌メロがちょっとダーティで
あまり好みじゃないな。Guソロはいいんだけど。

④は疾走ナンバー。こういう曲はPRIMAL FEARがもっとも得意とするのだろう。
目新しくは無いが、聴いていると自然に頭が素直に動くね。
⑥は③同様に歌メロがちょっとダーティだが、ヘニー・ウォルターと
ステファン・レイヴィングのGuリフが気に入っている。
⑦⑪の歌メロはIRON MAIDEN的と言うか
起承転結が出来上がっていて
とても聴き易く、⑦の方はGuソロに入ってからの展開も特に記憶に残る。
④のような疾走ナンバーよりも好きだと言う方もいるかも。

⑨のリフはガツンと来る、インパクト抜群なものだが
ちょっと音程感(?)が希薄なヴォーカル・ハーモニーが
気になって好きになれなかったな。歌メロのせいでもあるかな。

まあ、何と言うか
彼らのアルバムの中では珍しく疾走ナンバーの印象が薄くて
④や⑬とかあるにはあるんだけど
私としては、彼らの他の作品ほどは良いようには思えなかった。
それよりもいかにも正統派HMといえる⑦⑩⑪みたいな曲が
気に入っていて、疾走パワーメタルという
普段の彼らの印象からすると地味な作品かもしれない。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Black sun
④Lightyears from home
⑥Fear
⑦Mind control
⑩Silence
⑪We go down



総評・・・83点

スポンサーサイト
デヴィルズ・グラウンドデヴィルズ・グラウンド
(2004/02/21)
プライマル・フィア

商品詳細を見る



'04年にリリースされた5th。

元GAMMA RAYのVo、ラルフ・シーパースが中心となって
Ba、マット・シナーそして、Guのトム・ナウマンらと
結成された正統派パワーメタルバンドだ。
・・・と、いかにも知っているように書いたが
正直なところ、彼等のアルバムはこれ以外、まだ聴いていません(笑)。
別に嫌いな訳でもなく、なんとなく聴かなかっただけなのだが
ふと、休みの日にGAMMA RAYとかRAGEとか
IRON SAVIORなどを聴きまくっていた時に
「そう言えば、PRIMAL FEAR聴いてないな。
一度聴いたろかい」と意を決して、購入。
まずは一番評判のいい、このアルバムからってことで
聴いてみた訳だが・・・
結論から言うと、買って良かったと思うし
これだけじゃなくて他のアルバムも聴いてみたいと思った。

GAMMA RAYでも聴かせてくれたあのハイトーンは健在で、
①からして「メタルは永遠」と語るならば、長島茂雄のように語るのではなく
メタルなのだからハイトーンで・・・って訳ですかね?
とにかくハイテンションです。
Guのトム・ナウマンとステファン・レイビングも良い仕事をしており
②③でのソロが特に素晴らしい。
バラードの⑤ではラルフの声がロブに
似ているだけあって、
まるでJUDAS PRIESTがやりそうな曲になっているが、
これは勿論パクリとか言っているのではなくて、ドラマチックな
曲の構成に感心しているのだ。

ただ・・・惜しいのはラルフ・シーパースの歌っている
歌メロがつまらない。
ファストナンバーだと持ち前の高い声域とパワーで押し切っている
様に聴こえる部分もあるし、⑩⑪とかは歌メロ次第で
もっといい曲に化けそうな予感もするんだけどね。
表現力は十分あるんだから、それをもっと生かして欲しいかな。
彼等の音楽性自体はかなり好きなタイプなので
他のアルバムの出来がどうなのかが気になるところ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Metal is forever
②Suicide&mania
③Visions of fate
④Sea of flames
⑤The healer
⑥Sacred illusion
⑨Colony13


総評・・・86点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。