謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャンバラシャンバラ
(2007/09/21)
アクアリア

商品詳細を見る



'07年にリリースされた2nd。

ブラジル出身のメロディックパワーメタルバンド。
一聴してみた感じ、初期のANGRAそっくりです(笑)。
と言うか、1stの時点でANGRAのメンバーも関わっているし
多分開き直っているのだと思う。

そういう訳で、彼等の音楽性にオリジナリティは
あまり感じられないものの、ANGRAに似たようなことを
やっているだけあって、メンバーそれぞれの技量は凄い。
本作品でGuを弾いているのは、
一度はバンドを去ったVo、ヴィトール・ヴェイガが
組んでいたENDLESSのGu、グスタヴォ・ディ・パデュアと
AQUARIAの前身バンドUIRAPURUのGu、ロブ・スクリップの二人。
この二人の内どちらが、どういうパートをそれぞれ弾いているのかは
分からないが
③のタッピングでのリフはまるでKeyのようで、
非常にトリッキーであり、面白い。

本作品はコンセプトアルバムとなっているためか、
個々の楽曲のカラーが似ているし、正直なところ
一曲単位で目立つようなキラーチューンというのは無い。
更に、本家と違ってスピードナンバーである②とか⑧の
メロディがちょっと弱いし
⑩⑪のようなプログレッシブなアレンジを施した
楽曲では、「凝った楽曲をやりたかったんです!」という
気持ちばかりが先に出ているようで
アイディアを消化し切れていない部分が見受けられる。
だから、一度全部聴いただけではきっと地味な作品だと
思われるだろう。
しかし、ミドルテンポの曲や③のような準・疾走ナンバーの
作り方にはちょっとセンスを感じるし
決して低レベルな作品では無い。
ANGRAと似たメロパワバンドをお探しの方には、
満足してもらえるレベルではあると思う。

タイトルトラックの⑦が個人的には一番気に入っている。
何故なら、これが一番ANGRA臭くないし(笑)
へヴィな楽曲だけれどもサビの歌メロは荘厳だし
ギタープレイも耳に残ったから。
バラードのメロディセンスはいいものを
持っているので次は、ANGRAから
ちょっと離れて欲しい気もするね。

あと⑫のような余計なボーナストラックは止めて欲しい。
なかなかいいスピードナンバーだとは思うが、
影山ヒロノブ氏の歌う歌詞が恥ずかしすぎる(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Expedition
④Into the forest
⑤Lost
⑦Shambala
⑨Firewings
⑪Liberty



総評・・・84点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。