謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Winterheart's GuildWinterheart's Guild
(2010/02/08)
Sonata Arctica

商品詳細を見る



'03年にリリースされた3rd。

フィンランド出身のメロディックスピードメタルバンドの3作目。
本作品からKeyのミッコ・ハルキンが脱退している。
とは言え、特に大きなサウンドの変化は無いため
安心して聴けるだろう。
ただ、1st、2ndと素晴らしい出来であったが、本作品では曲は
悪くは無いけど、全体的に少し曲のクサさが落ちている感はある。

①③は彼ららしい、ツーバスドコドコ&キラキラしたKeyの組み合わせの曲で
これらの曲で満足される方も多いとは思うけど
①は少々歌メロの盛り上がりに欠ける気がする。
・・・ちょっと厳しい評価かもしれないが。
②はじっくり聴いてみると5:00前後の展開はなかなかいいし、
ちょっとROYAL HUNTにも似たドラマティックさがあって、気に入った。

⑤はなかなかいいバラードなのだけど、FAVORITEに入れるには
あと一押し、何かが欲しいと思った。

本作品で一番気に入ったのは⑥。
前作、前々作の疾走ナンバーと比べるとあっさりはしているが
代わりに演奏力が向上していることもあって
安心してメロディを楽しむことができる。
(まあ、安心して聴けるのはどの曲も同じかもしれないが)
⑧は・・・実際聴いた方なら、同意してもらえるかもしれないが
「かゆいところに手が届いていない」感じだ。
と言うか、このアルバムはそんな曲が多い。
いい雰囲気の曲ばかりなんだけどね~。
更に言うなら、ちょっと終わり方が唐突な曲がいくつかあって
そこはもう少しこだわって欲しいかな、と思った。

1st、2ndほどの出来では無かったが、そこそこいいものを
作ってくる辺り、彼らはANGRAとかぶるものがある。
・・・ということは
彼らもそろそろとんでもない名盤を作ってきたりして・・・。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Gravenimage
③The cage
⑥Victoria's secret
⑦Champagne bath
⑩Draw me



総評・・・84点

スポンサーサイト
サイレンスサイレンス
(2001/06/21)
ソナタ・アークティカトニー・カッコ

商品詳細を見る



'01年にリリースされた2nd。

1stがあれだけ良くて、2ndも続けて素晴らしい・・・という例は
少ないように思うのだが彼らはその少ない例の一つと
なったようだ。

聴き手の期待を膨らませるイントロの①の後の②は
期待通りの出来。メロスピ好きならば万歳!・・・な出来だろう。
⑤はROYAL HUNTのような様式美センスを持った曲で
こういう曲を巧くできるようになっているのは
大きな成長と言える。
それにバラードの④⑦⑪も上手くできている。
まあ、④の途中で変なデスヴォイスもどきの声を入れるのは
ちょっとどうかと思うが・・・メロディライン、アレンジに
関しては垢抜けた印象も出て、ここでも成長の跡が
伺えるね。

⑧は歌メロこそ単純だが、Guのヤニ・リマタイネンとトニー・カッコの
Keyの掛け合いがカッコ良くて何度も聴いた。

まあ、いいところばかりではなくトニーのVoが
あまり安定しないところや走り気味のドラムなどなど
危なっかしく感じる点もある。
その辺はまだ若いから・・・で済まされる程度の
マイナス点だが、これが苦手で聴けないという人も
いるかもしれないね。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Weballergy
④The end of this chapter
⑤Black sheep
⑦Last drop falls
⑧San Sebastian(revisited)
⑪Tallulah
⑫Wolf and ravens



総評・・・87点

エクリプティカエクリプティカ
(2000/03/23)
ソナタ・アークティカ

商品詳細を見る



'99年にリリースされた1st。

30歳くらいの私の世代であれば、ANGRAやらBLIND GUARDIAN
あたりがメロディックスピードメタルを連想させるバンドだったり
するのだが、
最近メタルファンになった方にとっては
メロスピ=SONATA ARCTICAというイメージがあるのでは無いだろうか。

今や、それくらい有名バンドになった彼らだが
デビューした年齢が20歳そこそこということもあり、
本作品での演奏技術はまだまだ。
走り気味のアンサンブルに、トニー・カッコの荒いVoなど
改善すべきところはあるにはある。

しかし、メロディセンスに関しては本作品と2ndの時点で
未熟などと言うことはなく完成されている、と言わざるを得ない。
クサメロが好きな癖にキラドコ系メロスピがちょっと苦手と言う人
(いや、私なんですが(笑))でも
その点は認めざるを得ないだろうね、きっと。
私は①を聴いた時はまだ「おっ、なかなかいいじゃん」くらいの
感想しか持たなかったが
⑤を聴く頃にはもう、何だか敗北感でいっぱいでした。
時に私はいいアルバムに出会うと、会ってもいないのに
何だか自分の音楽的な好みを全て見透かされたようで
こういう気持ちが沸いてくるのです。不思議なことに。

アルバムの前半にいい曲が固まっている感じがしないでも
ないが、それでも⑧⑩のような
いい疾走ナンバーがあるので
決して尻すぼみにはなっていない。
個人的にはあと一曲⑦のようなバラードが欲しいところだが
メロスパーに与えるインパクトは十分な一枚だ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Blank file
②My land
③Eighth commandment
⑤Kingdom for a heart
⑦Letter to Dana
⑧Unopened
⑩Destruction preventer



総評・・・88点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。