謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AddictionAddiction
(2003/01/01)
Glenn Hughes

商品詳細を見る



'96年にリリースされたソロ名義では4thにあたるアルバム。

前作では第3期DEEP PURPLE時代に
グレンがやりたかったことを存分に出したような
ソウルフルな楽曲を多いアルバムだったが、
本作品ではまたHR色が強くなっている。
それはいいのだが、随分と薄味のメロディとアレンジの楽曲が多い。
正直、微妙すぎて一通り聴き終わった後、
私自身がこのアルバムジャケットのような表情になってしまった。

①は前々作"FROM NOW ON"に収録されているようなストレートなHRナンバーだが、
ムーディなコード進行になっているが、メロディそのものは
凄くあっさりしている。
本作品のどの曲にも共通して言えるのだが、グレンはリフに力を入れているようで
その分曲の構成はシンプルなものが多く、メロディが印象に残らない曲が多い。

そんな楽曲が多い中、⑤はいいバラードだし
⑧なんかは、空間を生かした音像となっており
今までにない曲を作ってきたり、と面白い曲もあることはある。
それにグレンが歌っているだけあって、凡曲であっても
それなりのクオリティにはなっているのだが・・・
HRらしく、ガツンとメロディなり、リフなりで
インパクトのある楽曲をもう少し欲しかった。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
④Madeleine
⑤Talk about it



総評・・・77点

スポンサーサイト
From Now OnFrom Now On
(1994/03/17)
Glenn Hughes

商品詳細を見る



'94年にリリースされたソロ名義での2nd。

今さっきこのアルバムのレビューのために
再び本作品を聴き終えて、私は大きなため息をついた。
自身は結構ソウルフルな楽曲を好むにも関わらず
自分のキャリアを振り返ってみて、ファンにとってどんな音楽が
好まれるかを考えて作られた楽曲群。
これらが全て、エモーショナルであり名曲揃いで
あることに驚嘆するばかりだ・・・。
10年ほど前に買ったアルバムにも関わらず、未だに
時々聴きたいと思える、なかなか飽きの来ないアルバムだ。

音楽的には第三期DEEP PURPLEよりもHUGHES/THRALLに
近い気がするが、それもそのはず
⑧はHUGHES/THRALLの楽曲だったそうだ。
全体的に見ると、本作品のために集められた楽曲は
大人のHRといった趣であり
頭を振れる曲は特に無いし、(①はそうかもしれないが・・・)
殆どの曲がミドルテンポの楽曲であり、
ある意味、何のギミックもない作品。
極上のメロディと
控え目なグルーヴ感・ソウルフルなグレンの歌を
純粋に楽しむタイプのアルバムだ。

前半の楽曲で特筆すべきは③。
バラードなんだけど、これはその辺のメロディアスHRバンドが
束になっても敵わないくらいの出来だ。
そして、これを上手に歌って様になるのもグレンの他には
そうはいまい。
②~⑤くらいまでバラードかミドルテンポの曲が続き、
時にはへヴィと言っていい楽曲すらあるが、
いずれも、洗練されたメロディが主張をしており
どの曲も似た曲になっていない。
「退屈」とは無縁の流れだ。

⑥でグルーヴィーなHRナンバーが展開された後も
⑦で再び、③と同等のレヴェルのバラード(と言うかミドルテンポの曲?)が
また出てくるので良い意味で気は休まらない。
⑨は最もグレンのソウルフルなVoが生かされたバラードであり、
演奏陣がEUROPEのメンバーと言われても、
ちょっとにわかには信じがたいくらいHRから離れた
ムーディーな楽曲。
まあ、彼らも結構器用だったってことでしょうね。

タイトルトラックも極上のバラードってことで・・・
バラードの話ばっかりしたけれども、そんなに軟弱な感じは
無いです。
どのバラードにしても、何と言うか
今までドラッグや酒に溺れたりと人生を遠回りしたりして
もがき続けてきた彼の想いというか・・・
これが伝わってくる歌を聴かせてくれる。
ボーナストラックの⑬での"Burn"⑭での
"You keep on moving"も、単なるファンサービスではなく
意味のあるものであり、普通に本編の楽曲として
アルバム構成を壊さない見事な出来だ。

よく言われる「聴いただけで涙腺が緩む楽曲」など、
現実にはそうは無いものだが
本作品のいくつかの楽曲を聴くことでそれに出会えるかも
しれない。
第3期DEEP PURPLEファンやグレン・ヒューズファン
のみならず、メロディアスHRファン全てに
自信を持って勧められる名作だ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Lay my body down
③The only one
④Why don't you stay
⑤walkin' on the water
⑥The liar
⑦Into the void
⑧You were always there
⑨If you don't want me to
⑫From now on
⑭You keep on moving



総評・・・96点

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。