謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アドレナライズ(紙ジャケット仕様)アドレナライズ(紙ジャケット仕様)
(2008/04/30)
デフ・レパード

商品詳細を見る


'92年にリリースされた5th。

ロックバンドの作品を聴いて、「これはいかにも小さなライブハウスでやるのに
適しているサウンドだ」とか
「これは大規模な会場やロックフェス向けのサウンド」だとか思うことは
無いだろうか?
このバンドの場合はアルバムセールスがとんでもない枚数になっている、と
いう現実がそうさせている部分もあるが、そんなことを知らなくても
ただ、彼らのアルバムを聴くだけで
DEF LEPPARDが「アリーナクラスのバンド」だと分かってくれると思う。

なぜそう思うのか、その要素はいくつもあるが
まずは彼らのアルバムは非常に時間と手間を掛けており、
一聴して
ライブハウスでちまちまやるバンドが作るようなアルバムだとは
とても思えないのだ(それが悪い、と言っている訳ではないので悪しからず)。

彼らはBOSTONほどでは無いがアルバム毎に時間を掛けて
レコーディングを進める。
普通にドラム、ベース、ギター、ボーカルを録音するだけでも
大変な手間が掛かる。
何故かと言うと、彼らは完璧主義であり前作くらいから
その傾向が見られるがユニゾンの場合、ギター、ベースともに
サステインの減衰のタイミングまでばっちり同じにしているフシがあるのだ・・・。
勿論、ミスなんか放っておく訳が無い。見つけ次第録り直しているのだろう。

それくらいテクニック的に完璧なことをやった上で、また幾重にもギターや
コーラスを重ねる作業を繰り返す。
そりゃあ、そんなことを毎回やっていたら時間も掛かるはずだ(笑)。
ちなみにMEGADETHのデイブ・ムステインが
アルバム"COUNTDOWN TO EXTINCTION"の時に同じことをやっているのだが、
彼曰く「二度とやりたくない」そうだ。
それくらい大変でプロでさえも面倒臭がることを、毎回やっている
彼らにはただただ脱帽するばかり・・・。

だが、それだけ手間が掛かっているにも関わらず芸術作品という
高尚で敷居の高い物には聴こえない。
それは彼らが作っている音楽がロックであり、基本的には
10~20代のロックファンのためのものだからだ。
それを意識しているから、彼らはきっと膨大な時間を掛けても
楽曲の中で無理に音数を詰めたりはせず、
楽曲そのものを自分達だけでなく、ファンと共有するために
自分達も楽しめる「芸術作品にならないロック」を作り続けているのだ。

だから彼らのアルバムを聴いた時多くの人が抱く感想は、
「単純に聴こえながらも、
口ずさみたくなるような親しみのあるメロディが
そこにある。だけども同時にゴージャスでもある」
という一見矛盾するような感想だったりする。

このアルバムでは前作"HYSTERIA"と同路線であり、
前作が好きな方だけではなく、DEF LEPPARD初体験の方のも
お勧めな分かり易いアルバムだ。
どの楽曲も素晴らしいが、圧巻なのはやっぱり⑤。
これを聴けばロックとは音数なんか詰めなくても、テンポが速くなくても
音の緊張感というものは生まれる、と分かってもらえるだろう。
そんな、壮大なスケールのミドルテンポの楽曲。

終盤のいくつかの曲の中には正直、あまり好きではない曲もあるが
代わりに日本盤のみ収録の⑪⑫のボーナストラックの出来が
素晴らしく、特に⑪はなぜ正規のアルバムトラック候補から漏れたのか
不思議な程のクオリティだ。

彼らの音がポップだからと言わず、ロックが好きなら
どのアルバムからでもいい。是非聴いてみて欲しい。
DEF LEPPARDは大人に成り切れないロックファン(笑)を
裏切らないのだから。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Let's get rocked
②Heaven is
③Make love like a man
④Tonight
⑤White lightning
⑥Stand up(kick love into motion)
⑧Have you ever needed someone so bad
⑨I wanna touch U
⑪Miss you in a heartbeat
⑫She's too tough



総評・・・90点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。