謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OU812OU812
(2005/08/24)
ヴァン・ヘイレン

商品詳細を見る



'88年にリリースされた8th。

タイトルの意味は"Oh!You ate one,too?"→"OU812"という駄洒落。
デイブ・リー・ロスのソロアルバムの"EAT'EM AND SMILE"という
タイトルに、VAN HALENがユーモア混じりの返礼のつもりで
こういうタイトルを付けたという説と
単にマズいハンバーガーについてのメンバー同士での
会話をそのままタイトルにしたという説があるが、
どちらが正しいのかは定かではない。

前作でサミー・ヘイガーが加入し、素晴らしいアルバムをリリースして
まずは新生VAN HALENの実力の程を我々に見せ付けた彼ら。
第二弾はどうか、と言えば
前作ほどのインパクトは無いものの、悪くない出来だ。

①はメインリフがGuによるものではなく、Keyが主役になっていて
(それがこの時代のトレンドであり、当時のVAN HALENがよくやっていた手法でもある)
更にGuソロもあまりインパクトのあるものではないが
一曲目としては、まずまず良い出来じゃないかな。
バラードの②は驚くようなものでは無いけれども、VAN HALENらしい
暖かいメロディを持った良い曲だ。サミーの歌もばっちりフィットしている。
確か、この曲はかなり売れているはず。

ギターが目立った曲も当然あり・・・③はちょっと初期の雰囲気を
残した曲だ。これはデイブが歌っても出来が良くなりそう。
⑤はGuに関してはかなりテンション高めで好きなんだけどね。
アルバムに入ってた"5150"の"Get up"と同じで、
もう一人のヴァン・ヘイレンに頑張ってもらいたいと思った。
VAN HALENのアルバムレビューをする度に
ドラムの悪口ばっかり書いて、気分を悪くされた方には申し訳無いが
こういう音が好きだという人も多いことも分かるが、
私の好みでは無く、どうにも気になるのだ。

⑥はあんまりGuは目立っていないんだけど、歌メロや
Keyが何だか和むね。
⑦はアンプラグドブームを先取りした訳じゃないと思うけど、
初期のVAN HALENっぽい曲をアンプラグドっぽく
やっている曲。それだけに大人しい訳だが
エディってアンプラグドでもいい音出すんだね。

まあ、名作である"5150"と比べるのはアレだが
前作ほどは良くないね。
LITTLE FEETのカヴァー⑩でアルバムを締めていたり、と
力抜き気味で作ったような感じで、ジャケにも何となく
そんな雰囲気が現れている気がする。
そこそこのアルバムですね。

ああ、そうそうアルバムの内容とは一切関係無いが
音楽文化ライター、佐伯明氏が書いた
自身と誰かとのインタビュー形式のライナーが
気になる・・・彼は誰と話しているんだろう?



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Mine all mine
②When it's love
③A.F.U.
⑥Feels so good
⑦Finish what ya started



総評・・・84点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。