謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ExtremeExtreme
(1994/06/14)
Extreme

商品詳細を見る


'89年にリリースされた1st。

しかし・・・このアルバムジャケット、若いね(笑)。
はっきり言って、このジャケット見ただけで
後から"More than words"みたいなヒット曲を出すことを
想像できた人はまあ、いなかったんじゃないかな。
全然オーラ無いですね(笑)。

でも、中身は別。
この時点で既に2ndに通ずる「ファンクメタル」の原型が
早くも出来ているんだよね。
①③なんかは2ndに入っていても全然おかしくない曲調で、
歌メロもなかなかファンキーかつキャッチーで良い。

④はちょっとアンニュイな雰囲気のバラードっぽい曲。
悪くないけど、これはFAVORITEに入れるほどでも無いかな。
やっぱりこのアルバムで光る曲と言えば⑥かな。
名は体を現す、と言われるように
この1stではこの曲ほどメタルとファンクの融合が成された曲は
無いんじゃないかな。
ヌーノのGuプレイも凄く伸び伸びとしていてイイです。

⑧は何だか、LAメタルと言うかパーティロックっぽい。
彼らには申し訳無いが、聴き返すまでこの曲の記憶が無かった。
そう言えばこんな曲もあったっけ(笑)。

⑩はQUEENが好きな彼ららしいバラード。
ちょっとロック・オペラっぽいスケールの大きさもあり
聴き応えがある。
⑪はイントロでヌーノがトルコ行進曲のフレーズを弾いている曲。
何となくボーナストラックっぽい雰囲気を感じるが
軽快でコミカルな曲調。

まあ、全曲が名曲とまでは言えないけれども
彼らのアルバムの中でも出来は結構いいです。
何より、1stだけあってやりたいことを全力でぶつけている
エネルギッシュな彼らの姿が聴けるので
これからEXTREMEを聴こうという人は、
スルー厳禁でしょう、これは。



~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Little girl
③Kid Ego
⑤Mutha (Don't wanna go to school today)
⑥Teacher's pet
⑩Rock a bye bye
⑪Play with me



総評・・・87点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。