謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Reflections of a ShadowReflections of a Shadow
(2002/08/26)
Rage

商品詳細を見る



'90年にリリースされた5th。

前作までの作品は個々の楽曲の中には光るものがあるものの、
如何せん、音質・サウンドプロデュースが悪すぎた。
だが、本作品からはその辺が改善されてきて
それに伴い、楽曲の質も上がり
スピードナンバー以外にも幅広くいい曲をたくさん作れるように
なったんじゃないかな。

ヒステリックな歌い方をする初期のピーヴィはあまり好きでは
ないのだが、③ではそれが生かされていると思うし
④ではその歌い方と、ミステリアスな曲調がマッチしている。

RAGEと言えばイコール、ピーヴィと言っても過言ではないが
このアルバムではマンニが大活躍しており
⑦は初期RAGEが残した名曲の一つと言えよう。
この曲が面白いのは、RAGEが持つキラーチューンと言えば
スピードナンバーなのだが
これはグルーヴィなGuリフを持つ、ミドルテンポの楽曲だと
いうことだ。
このリードGuと歌メロの絡みも絶妙だし・・・私なんぞは
某コンピレーションアルバムに収録されたこの曲だけのために
このアルバムを買ったも同然なのだ。

⑨は歌メロがキャッチーなスピードナンバー。
しかし、リフはちょっと不穏なメロディであり
一聴してミスマッチにも見える組み合わせであるが、案外いい曲に
仕上がっていると思う。

初期RAGEの作品の中でも聴きやすく、"TRAPPED!"に次ぐ
良い出来なので、これをRAGE入門編とするのも
アリだろう。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③True face in everyone
④Flowers that fade in my hand
⑤Reflections of a shadow
⑦Waiting for the moon
⑨Saddle the wind
⑫Wild seed



総評・・・84点

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。