謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'76年にリリースされたKISSの
アルバム"DESTROYER"に収録された曲。






正直言って、そんなにKISSのことはそんなには知りません。
ジーン・シモンズが火を吹いたり、ポール・スタンレーの
胸毛が濃いことは知ってます。
が、彼らのアルバムをそんなに集めたりはしてはしていないんですね~。
そんな私がKISSを語るなど、熱心なKISSARMYの方々から抗議のコメントが
ありそうですが・・・。
私が語るのはKISSの面々の遊園地のようなパフォーマンスや
彼らがロック界に残した偉大な足跡とか、そういうことではなく
彼らが作った曲について、私がどう感じたか・・という一点なのです。
だからまあ、堪えて下さい。

この曲って、基本ギターリフは単音を刻むタイプのものじゃなくて
チョコマカ動いているのはBaで、その上を威風堂々とコード弾きで
ジャーンと存在感タップリにGuが響いているところがいいのだ。
言い換えると、男度数が強い(違うか?)
非常に分かりやすくロックンロールの魅力が伝わる一曲なのだ。
ダイナミックなアレンジ、分かりやす覚えやすいキャッチーなメロディ、
シンプルだけど、簡潔かつ存在感のあるGuソロといい
メタルと言うか、ロック初心者にも
初めて聴いてインパクトを与えるようなものに出来ていると思う。

最近のメタルのリフって、へヴィでグルーヴィなものか
高速でリフを刻むタイプ、あるいはインプロっぽいものが
多い気がするのだが
Aメロのようにパワーコード一発のリフって
なかなか無い。
そういうリフを作るのって勇気がいるんだよね。
リフがシンプルであればあるほど、元の曲のメロディの質が
小細工無しに伝わるから、なかなか作れないのだ。

そういえば、DREAM THEATERのマイク・ポートノイも
複雑な曲を演奏することよりも、シンプルで分かりやすくていい曲を
作ることの方が作るのは難しいと言ってたっけ。
だから、まあそういうことなんだろうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。