謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
はじめに
このブログは、主に80~90年代のHR/HMのアルバムのレビューや 一曲単位でのレビュー、
そしてたまにHR/HMに関するコラムもどき等を書いています。

アルバムレビューは私の稚拙な文と100点満点形式の・・・ まあ、ぶっちゃけBURRN!誌のパクリです。
とは言え、まんまパクるのもつまらんので
「METALIST'S FAVORITE TUNE」というのを設けまして、 アルバム中の好きな曲なども挙げています。

私のレビューを参考にして アルバムを購入されることがあれば、 それはとても光栄なことですが
その際は全て自己責任でお願いします。
「つまらない、金返せ」とか言われると、結構 傷つきますのでご勘弁を・・・。

私は良いと思ったアルバムも つまらないと思ったアルバムも載せていきますので、
もし貴方が気に入ってるアルバムの点数が低かったりして、評価に納得のいかない方!
・・・その時は 私と好みが違うのだと思って諦めて下さいね。

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Diary of a MadmanDiary of a Madman
(2002/04/03)
Ozzy Osbourne

商品詳細を見る



’81年にリリースされた2nd。

ジャケットが非常に濃いですね・・・。
まあ、表のジャケットだけじゃなくて歌詞カード部分も
なかなか悪趣味でB級ホラー映画を彷彿とさせるものが
あるのだけど。

しかし楽曲的にはジャケットには反して、濃い曲もあるものの
割と爽やかでキャッチーなメロディの⑥のような曲もあったりして
意外に思われるかもしれない。

①などはテンポは遅くないが
ドゥームメタルっぽいおどろおどろしい曲調だ。
そしてギターソロ部分になると
ランディのアヴァンギャルドなプレイがその怪奇性に
磨きをかけているように思えた。

と思えば、②では明るい曲を作った時のBLACK SABBATHみたいな
曲で、ランディはベタなタッピングフレーズを聴かせてくれる。
勿論、「ベタ」とは書いたが悪口ではなく、「王道」と言い換えてもいい。
なぜならこういうフレーズは今でこそ陳腐に聴こえるかもしれないが
今の時代のメタルギタリストにとっては基本となるもので
あるからだ。

ギターのことばかり書いたが、ベースに関しても④などは
正にベース主体のへヴィなリフが聴けて
個人的にも「コピー欲」が出たりする。

他にも⑦はUFOとかMSGみたい・・・という感じで
どれも素晴らしい出来だが
一番気に入ってるのはタイトルトラックの⑧かな。
ライブではやれない気がするが。

・・・本当にオジーのアルバムって
有名曲が少ないものでもハズレが無いね。



~METALIST’S FAVORITE TUNE~
①Over the mountain
②Flying high again
③You can't kill rock and roll
⑥Tonight
⑦S.A.T.O.

⑧Diary of a madman



総評・・・89点
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。