謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Walls of JerichoWalls of Jericho
(2002/10/22)
Helloween

商品詳細を見る



'86年にリリースされた1st。

リアルタイムでは無いけれども、私がHR/HMを聴き始めて間も無い頃に
愛聴していたアルバムなので多少贔屓目に見ている部分が
あるかもしれないが、この作品に関しては
カイ・ハンセンの下手な歌などは全く気にならず、
ただただ、メロディアスな旋律を単純にスピーディな
リフに乗せた、ただそれだけの
カッコ良さのみが印象に残っている。
(当時の私は、メタルの歌はこのくらいのレベルでも
普通なのだと思っていたのだ(苦笑))
それどころか歌以外の演奏技術を見るなら、この時期で既に彼らは十分に
水準以上のレベルに達していると思っていたし
(今でもその考えは変わらない)
音の悪さを補って余りある名曲揃いの本作品は
名盤だと思っている。
少なくとも私は一般的に名盤とされている、
2nd、3rdよりもこの粗削り感たっぷりな本作品を
よっぽど聴き込んだ。

①~④を聴くと、IRON MAIDENに強く影響を受けているのが
特によく分かり、⑩なんかはまるっきり
"2 minutes to midnight"なのが可笑しいが(笑)
単なるパクリにならないように、凝ったドラマティックな
展開を作っている辺りは
アイディアの勝利と言っていいだろう。
⑦は初期の名曲と言える一曲で、今でも彼らはたまにこの曲を
やってくれるし、GAMMA RAYにいた頃のラルフ・シーパースや
マイケル・キスクがライブで歌ったこともある
これぞメロディックスピードメタルといえる名曲だ。
(厳密にはメロスピでは無いそうだけどね)

後半だとライブテイクながら⑬が良い。
ダサカッコいいと言うべきか、このヤケクソ気味のスピード感は
今の彼らでは落ち着きすぎて出せないかもしれないね。
観客の掛け声も面白いので是非聴いてみて欲しい(笑)。

正直、スピードナンバーの比率が高くてお腹いっぱいな感じも
するし、
カイのVoも若さ爆発という感じで、今の若いメタラーが
最初に聴いたらカッコいいとは思えず
ただただ、笑えるだけかもしれない。
音も正直悪い。
が、曲だけはホントいいんですよ。
歌いたくなるくらいにね。

そう言えば
「スタァァァァ~~ライッ!!」
「ライッザッ、スカイッ!」と家で大声で歌って
母親に白い目で見られたのを思い出すなぁ・・・。
いや、勿論カイみたいにそんなに高い声は出ないので
裏声でね(そんな問題じゃないか(笑))。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Starlight
②Murderer
③Warrior
⑦Ride the sky
⑨Guardians
⑩Phantoms of death
⑪Metal invaders
⑬Heavy metal(is the law)
⑭How many tears



総評・・・87点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/109-1f7f42b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。