謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Power of the NightPower of the Night
(1990/06/15)
Savatage

商品詳細を見る



'85年にリリースされた2nd。

注意しなくてはいけないのは、この時代の彼らが
やっている音楽は今のようなドラマティックかつ
オペラのような、ああいう要素はなく
正統派パワーメタルとでも言おうか、
アグレッシブでダーティなリフを前面に押し出したスタイルである。
だから本作品にクサメロを期待すると痛い目に遭うだろう。

①からクリス・オリヴァは元気に弾きまくっており
ジョン・オリヴァのクセのあるVoも今と変わらない。
ギターだけに着目するならば、
タッピングを多様したソロが聴ける③も悪くない。
しかし・・・全体を通して聴いてみて
思ったのは
何と言うか、良く言えば通好みのする作品であり
悪く言えば旨みがかなり少ない煮魚のように
味気無い、愛想の無い曲が多い。
辛うじてメロウで、分かり易いメロディが展開されるのは
ラストのバラード⑩くらいで
あとは、ジョン・オリヴァのヒステリックなVoが
目立つ無骨なパワーメタル。
"GUTTER BULLET""STREETS"で聴かれる
ドラマティックさは、まだ本作品には無い。
その片鱗はクリス・オリヴァのGuから伺えるけどね。

・・・以上が、客観的な見方というものでしょう(笑)。
実は私、結構この作品は好きです。
一般的にそんなに評価が悪くないとされる
"HALL OF THE MOUNTAIN KING"よりも
むしろ楽曲単位では好きなものが多いため、
割と聴いています。
しかし、どこがいいのかを説明しろと言われると
クリス・オリヴァのギター以外あまり褒め所が無いのも
事実なので
点数はちょっと低目につけてます。
多分、単なるファンびいきなので気にしないで下さい(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Power of the night
②Unusual
③Warriors
④Washed out
⑧Skull session
⑩In the dream



総評・・・74点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/110-fa30c5a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。