謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今ではとても考えられないかもしれないが、
20代後半から30代以上のメタラーの方は、まだネットが無い頃
HR/HMに関する情報を得る手段がなかなか無いため
「BURRN!」という、HR/HM専門誌を買って読んでいたものだ。
まあ、買わずに立ち読みで済ます方もいたが
それでも何かしら目を通したりはしたもの。

だから、十代の頃なんかはBURRN!に書いてあることも
全部正しいと思い込む人もいた。
私も全く疑問を持たなかった訳では無かったが、
割と盲目的な支持者であったことを告白しよう。
まあ流石に一部のバンドの作品を不自然なまでに褒めたり
プッシュしていたりするのを見ると
「ああ、やっぱり彼らも聖人君子ではなくて
色々な商業的なしがらみの上に生きている人たちなんだな」と
少しずつだけども、冷静に記事を読めるようになったものだが。

でも、そういうことがあったお陰で
本来当たり前の、「自分の耳で音楽を聴いて、
判断すること」を学ばさせて頂いた気がする。
それまでもちゃんと聴いていたつもりだけども、
つまらないアルバムをレビューを鵜呑みにして購入し、
結果、それがつまらないと心のどこかで思っていても
「BURRN!の○○さんが~~がいいと言っているのだから
~~はいいんだろう」と無理やり思い込んでいた部分は
恥ずかしながらあった。

要するにBURRN!は私にとって、HR/HMに関しては権威の象徴
みたいなものだった。
実際、BURRN!の編集者の誰よりもHR/HMを聴き込んでいるという
自信は無かったから、
若い私が
「たくさんの音楽を知っている人=音楽に関して的確な批評ができる人」と
思う部分はあったと思う。
が、これは大きな間違いであり
未だにこれを信じる人はいるだろう。

今までに10000枚のアルバムを聴いていようが、
10枚しか聴いていない人だろうが、その人が聴いて
素晴らしいと思えたならば、その人にとってはそのアルバムは名盤だし
逆もまた然りなのだ。
当たり前のことだけど。

まあ、一番いいのはBURRN!のレビューで付けられた点数や
文章に関係なく試聴して
曲が良ければ買ってみることだろう。
昔と違って、今はネット上で試聴ができるサイトはたくさん
あるからね。
その上で、もう一度BURRN!のレビューなり点数なりを
見返してみるとこれがなかなか面白かったりする。

今ではBURRN!も余程好きなミュージシャンが多くの
ページを割いてインタビューを受けることが無い限り、
買わなくなったが、それでも立ち読みしたりはしている。
めぼしい記事が無ければレビューとか新譜の情報だけ
チェックして終わり。
その程度の付き合いになってしまったのも、
巻頭のインタビューが失礼ながらロートルの方とか
明らかな部数稼ぎを狙った、過去の大スターの方のもの
ばかりになってしまっているからなんだよね・・・。

90年代と違って、いいメタルバンドもいるんだから
もっと積極的に新人さんのインタビューページも
割いてくれれば嬉しいな、と思うが
まあ、商業誌なのだから色々あるんだろうかね・・・(苦笑)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あの雑誌は93年に編集長が交代したんでしたっけ?
私も実家に帰ったら、
たまに昔のB誌を読んだりしております。
90年代に入ってから編集者が次々と辞めだして、
あるいは単なる配置転換だったのかもしれませんが、
とにかく昔のB誌は面白かったです、本当に!!

正直、あの雑誌がいつ廃刊になるのかと、
私は心配しているのですが、
細々ながら、まだ存続はしているみたいですね・・・
2009/06/27(土) 19:22 | URL | WIDOWのファン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> あの雑誌は93年に編集長が交代したんでしたっけ?

そうです。酒井氏から広瀬氏へと代わっています。
昔のB誌はレビューの点数が極端でしたね(笑)。
表紙を飾る人もバラエティ豊かですし。
今じゃ、レビューに0点をつける人はいないと思いますが
色んな意味で昔のBURRN!は思い切ったことをしており、
レビュー以外の記事も面白かったと思います。
私は酒井氏が書いてたコラムが特に好きでした。

BURRN!の部数もあまり良くはないらしいですけど、
続くと思いますよ。
一応、我が国唯一のHR /HM専門誌ですし。
と言うか、なくなったら残念です。インタビューとかも
簡単に読めなくなりますからね。
Young guitar誌やPlayer誌でも、まあ読めないことは
ないですけど・・・。
2009/06/28(日) 00:49 | URL | メタリスト #-[ 編集]
教科書的存在でした
メタリストさん、こんばんは!
私もHR/HMを聴き始めた頃は、他に情報を入手するよう方法がなくBURRN!を盲目的に読んでいました。(苦笑)
初心者の私にとってBURRN!は、教科書的存在で、当時は「編集者が絶賛してるのなら良いに決まってる」と思い込んでいたのも確かですね。
それでも誌上で絶賛されているものでも好きになれないものがあったりしたので、BURRN!を参考にする時は、比較的好きな音楽の趣味が似ている編集者の意見を参考にするようになりました。
この何年かは立ち読みしてみて、自分の読みたい記事が載っていない限り買わなくなってしまいましたね…

相互リンクして下さってありがとうございました。
こちらこそ今後どうぞよろしくお願いします。
2009/06/28(日) 01:03 | URL | Wormboy #3hri4u1c[ 編集]
Re: 教科書的存在でした
>Wormboyさん

私よりも、もう少し上の世代だとミュージックライフ誌を読む人も
いましたが、やっぱりメタルの情報となるとBURRN!が一番詳しく載っていましたし
書かれている記事が特定のミュージシャンにとって、否定的なものであっても
編集者の側から書かれているため、どうしても編集者の意見が正しいように
見えますから、妄信的になりますよね(^^;

>BURRN!を参考にする時は、比較的好きな音楽の趣味が似ている
>編集者の意見を参考にするようになりました。

それは私もあります。
ジャンルによって、「この編集者が褒めているなら、大丈夫」とか
「点数が高いけど、この人はあんまりメロデスは聴かないイメージだし
どうしたものか・・・」とか色々考えたりはします。

今のBURRN!も、表紙とか巻頭のインタビューの座は部数のこともあるので
仕方無いのですが
もう少し、有望な新人さんのためにページを割いてくれれば
買う人が多くなると思いますね。
Mr.BIGもいいバンドですけど、正直ああいう昔のバンドのインタビューを読もうと思うのは
私のような30過ぎのメタラーだけでしょう(苦笑)。
2009/06/28(日) 15:17 | URL | メタリスト #-[ 編集]
私もMR.BIGに釣られてしまった30過ぎのメタラーです(笑)
メタリストさん、こんばんは!
10年位前までBURRN!は毎月、ミュージックライフは読みたい記事がある時だけ買ってましたね。メタルの情報は、やはり専門誌だけあってBURRN!が一番詳しかったですよね。
昔は真っ先に巻頭から読んでいたのに、最近はBURRN!を買っても、巻頭のインタビューからではなく、白黒ページのコラムなどから読み始める事が多いです(苦笑)

>有望な新人さんのためにページを割いてくれれば、買う人が多くなると思いますね。

新人バンドにもページを割けば、もっと若いファンもBURRN!を買うようになるでしょうね。
時々、伊藤政則さんが「超ベテランばかりにシーンが頼り過ぎている」「中堅バンドがいなくてシーンが盛り上がらない「空洞化」が進んでいる」と語っていますが、部数を稼ぐ為にベテランに頼っているBURRN!にも、その一因があると思います。
表紙でも、巻頭インタビューでも、以前はもっと思い切った冒険してましたよね。
2009/06/29(月) 23:19 | URL | Wormboy #3hri4u1c[ 編集]
Re: 私もMR.BIGに釣られてしまった30過ぎのメタラーです(笑)
>Wormboyさん
やっぱりWormboyさんも30越えしていましたか(笑)。
ブログやコメントを読む限り、何となくそんな気はしましたが・・・。

それはともかく、私もBURRN!を買うことがあっても大体真ん中あたりにある
自分の好きなバンドのインタビューとか、時々特集が組まれる
昔のメタルムーブメントについての話を先に読んだりしますね。
で、アルバムレビューを読んだ後、白黒のHR/HM全般のニュース、
と来てから巻頭インタビュー・・・というパターンが多いです。
まあ、巻頭インタビューは長いから後回しにしているというのも
ありますけどね。
でも、HIBRIAとかが何ページにも渡ってインタビューを受けていたら
最初に読みます。

ネット上の意見を聞くと分かることですが、ベテラン勢のライブには
確かに人も多いのですが、それは昔と違って本当に盛り上がっている人
ばかりではなくて、あくまで当時を懐かしんで来ている人も多いですからね。
一方、この間初来日を果たしたHIBRIAは、動員自体はベテラン勢には
負けるでしょうけど、本当の意味で自分が観たいバンドを熱意を持って
観に来ている人が多いですから、
盛り上がりも凄かったそうですからね。
そういう現実も見て、BURRN!編集部の方々には「冒険」してもらいたいですよね。
2009/06/30(火) 01:40 | URL | メタリスト #-[ 編集]
年齢バレましたか(笑)
メタリストさん、こんにちは。
やはりブログの内容等で年齢がバレてましたか(笑)

昔のムーブメントについての特集記事などが載っていると、
ついつい懐かしくて買ってしまいます(笑)
最近はそういった温故知新的な特集記事に釣られて買うことの方が多いです。

新人バンドでベテランに動員数でかなわなくても
本当に自分が見たくてライブに参加してるファンが集まったライブの熱気たるや
凄いものがありますよね。

メタリストさんは、
最近のバンドではHIBRIAがお気に入りのようですね。
私はまだHIBRIAを聴いたことがないので
今度チェックしてみますね!
2009/06/30(火) 15:38 | URL | Wormboy #3hri4u1c[ 編集]
こんにちは。
僕はHR/HMを聴くようになった1995年からBURRN!を読み始めて、もう10年以上に渡って毎月購入しています。最近はネットでも情報が手に入りますが、インタビュー記事もありますし、何より僕のミュージックライフを形成してくれた雑誌なので感謝の意味を込めて買い続けてます。
確かに新人バンドはもっと取り上げて欲しいですね。僕自身、BURRN!の表紙を飾る大御所はあまり聴かなかったりするので。

またお願いなのですが僕のブログに「GOLD METALIST!」のリンクを貼らせていただいてもいいでしょうか?僕がよく聴くバンドから未知のバンドまで、幅広く取り上げてらっしゃるメタリストさんと情報交換できれば嬉しいです!
2009/07/01(水) 12:35 | URL | よしよ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
95年からずっと買い続けているのは凄いですね。私も買い始めたのはそれくらいの時期だったとは
思いますが、正直なところ最近B!誌を買わなくなり、昔のものは捨ててしまったせいで
誰がインタビューでどんな発言をしているのかを忘れています。
だから、そういう意味では昔のもちゃんと保管して
内容はどうあれ、今でも買っていれば良かったかな~と思うこともありますね(苦笑)。
まあ、最近では編集部内での意識も変わってきたのか
DIR EN GREYとかあの辺りのV系か、HR/HMか今はまだ微妙なバンドも
レビューに入れたりという変化が徐々に見られるので
これから面白くなるかもしれませんね。

リンクの件ですが、願っても無い話です。
ですが、一方的にリンクを貼っていただくのも悪いので
相互リンクということで良いでしょうか?
まあ、私のブログにはまだあまり人は来ませんが(笑)
2009/07/02(木) 01:36 | URL | メタリスト #-[ 編集]
こんにちは。
僕も昔のBURRN!は置いておきたいとは思ってるのですが、我が家にそんなスペースもなく、2~3年前分しか保管できてません。あとで読みたくなる記事もあるのですが、仕方ないですね。
リンクの件、ありがとうございます。相互リンクしていただけると非常に嬉しいです。僕のブログに早速リンク貼らせていただきますね。
2009/07/02(木) 08:25 | URL | よしよ #-[ 編集]
相互リンク、了解しました!
95年からのBURRN!を全部持っているとすると、単純計算で168冊ですからね・・・
流石に全部は保管していませんでしたか(笑)

それはともかく、リンクの件了解しました。
早速URLを私のブログに貼っておきます。
2009/07/03(金) 01:16 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/129-e07496f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。