謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ThundersteelThundersteel
(2008/03/01)
Riot

商品詳細を見る



'88年にリリースされた6th。

メンバーチェンジが激しく、一度は解散した彼らの
復活作がこれだ。

まあ、ジャケット、音共にB級っぽさが漂う部分はあれど
ともかく①を嫌う人はあまりいないと思う。
①で聴けるVoのトニー・ムーアの透明感溢れる歌声、シャウトは
正にへヴィメタルそのものだし、
楽曲のスピード感もこれまでの彼らの作品の中でも
随一だ。

①のインパクトが大きいので、他の曲がどうしても霞む
印象はあるが、Guのマーク・リアリのどことなく哀愁漂う
ギタープレイは他の曲でも聴ける。
Guソロならば②④もいいし、
ギターリフならば⑧の方が出来はいいと思う。
パワーメタル路線となった本作品でも、
純・正統派HM(何だか変な言葉だが)らしい③のような
楽曲でも彼のギターの良さは変わらず発揮されている。
それに地味ながら⑦のようなギターが生きるバラードも
ちゃんと用意しており、
楽曲のバランスがパワーメタルに偏り気味ながらも
飽きさせず聴かせる工夫が見られる。

HR/HM史上に残る名盤とされるこの作品だが、
決して悪いところが無い訳でも無い。
まず、これはトニー・ムーア一人の責任では無いが、
・・・歌メロがB級っぽいところがある(笑)。
まあ、そのB級っぽさがいいという人もいるだろうが
やっぱり垢抜けない印象はある。
正直、私も最初にこの作品を聴いた時
①だけがインパクトを強く残して、他の曲は
何だか地味に聴こえたものだし、
⑥の始まりはちょっとダサいと思った。
(サビの哀愁漂う歌メロはたまらないが)
まあ、そういう部分もあるため名盤と認めつつも
これ以上の点数は付けられない。
(十分、高評価だとは思うけどね)


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Thundersteel
③Sign of the crimson storm
④Flight of the warrior
⑤On wings of eagles
⑦Bloodstreets
⑧Run for your life



総評・・・90点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/137-d737634e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。