謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リラプス・オブ・リーズンリラプス・オブ・リーズン
(1995/08/09)
コート・イン・ジ・アクト

商品詳細を見る



'95年にリリースされた1st。

HR/HM暗黒時代真っ只中に、アメリカでこんな
北欧メロディアスHRっぽい音楽でデビューしようと思った
彼らは正に、漢(おとこ)だ。
そして、彼らの日本盤を売り出そうと考えた
今は亡きゼロコーポレーションにも感謝するしかない。

音楽性は先述の通り。
⑩のイントロのようにほんのちょっとだけ、
プログレッシブロックっぽい凝ったリズムパターンも
出てくるが、概ね普通のメロディアスHR。
Vo・ダニー・マルティネズの声質が
ちょっとだけ、ジョー・リン・ターナーにも似ている気が
するのでRAINBOWの"BENT OUT OF SHAPE"を
彷彿とさせる部分もあるが、あれよりもこちらはソフト。
演奏陣の実力も特別誰が秀でているという面もなく、
Voもジョーほど、上手い訳ではないので
地味に感じる部分はあるが
バンドで聴かせるアンサンブル力は十分にあるので
安心して聴ける。

①~④まで哀愁漂う私好みの曲がたて続けに並び、
どの曲も素晴らしいのだが、その中でも④が一番好きだ。
特にサビ前、ブリッジの展開はなかなかのもの。
ちょっと途中で同じようなコードを使った曲が
出てくるので、少し飽きは来るものの
そこから先もなかなかいい曲が続く。

まあ、前半の曲がとても良くできているため、後半の曲の
印象が薄くなってしまうのは玉にキズだが
水準以上の哀愁漂うメロディがそこにある。
ちなみに⑫はAXEというメロディアスHRバンドの
カヴァーだが、
これはプロデューサー兼マネージャーが
AXEのメンバーだったボビー・バースであった、縁も
あるのだろう。
これも悪くない。

なお、彼らは2ndを発表後
バンド名をGUILD OF AGESと改名しているが
こちらも素晴らしいアルバムを出しているので、お勧めだ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Everytime(I close my eyes)
②Throuth the years
③these eyes
④Stand or fall
⑦Relapse of reason
⑪Changes



総評・・・84点
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/142-1c4f0d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。