謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
One Size Fits AllOne Size Fits All
(1991/02/26)
Pink Cream 69

商品詳細を見る



'91年にリリースされた2nd。
日本デビュー作。

現HELLOWEENの
アンディ・デリスが在籍していたことでも知られる
ドイツのメロディアスHRバンド。
アメリカ、ドイツ、ギリシアなどメンバーの国籍が
様々であるからか、楽曲のメロディがアメリカンHRっぽくも
あるのだが、どことなく変わったメロディを作る。

雰囲気はそう・・・①②⑧を聴くとDOKKENにも近いけど
アンディ・デリスの声が暑苦しいので(笑)、
あそこまで爽やかでは無い。

特筆すべきは演奏陣の上手さだろう。
ギターとベースが上手いね~。
②⑧のソロとかは弾きすぎず、地味過ぎず
それでいてなかなかの弾(はじ)けっぷり。
時代が時代ならば、このアルフレッド・コフラーという
ギタリストはギターヒーローになれたのでは無いだろうか。
後追いだから、当時どれくらい彼が有名だったのかはよく分からないが。

③はちょっとスピードナンバー風で、メロディが東洋風。
現在のHELLOWEENにも近いかもしれない。
⑤ではアルフレッドさんの泣きのギターと、
アンディのとても切ない歌メロが私の心をグッと掴んでくれた。
いや、これだけは本当にいい曲だ!

まあ、好きな曲、面白いと思った曲は割とあるんだけど
メロディの質の高さから言うとどうだろうな・・・
何度か聴きかえしてから「あっ、これはいいかも」と
思ったような曲が多くて、地味とは言わないけど
生涯忘れがたい曲というのも正直そんなに無い。
だから、評価もそこそこにしておきました。
アンディ・デリスにはこのバンドに
残って欲しいと思った人も多かったようだが、
私としてはHELLOWEENの方がいいと思うなぁ。

・・・にしても'91年のHR/HMバンドで
ベースにスラップを取り入れて、かつミクスチャー系のサウンドに
なっていないバンドはあまりいなかったと思う。
そういう意味では結構斬新だったのではないだろうか。
この時代のバンドの多くは、スラップをバンドサウンドに
取り入れると
ファンキー路線になってしまうバンドが多かったが、彼らの場合
あくまでメロディアスHRやHMというスタイルから逸脱していないのは
好感が持てる。
⑦とか結構ペチペチいわせているんだけどね(笑)。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Talk to the moon
③Hell's gone crazy
⑤Ballerena
⑥Signs of danger
⑧Stray-kid
⑩Where the eagle learn to fly



総評・・・83点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マイ・インスピレーション・アルバム
このアルバムは
私がメタルを聴き始めたばかりの頃、
よく聴いていたアルバムですね♪

当時はこのアルバムを
夢中になってよく聴いておりました。
なつかしいです。
2009/07/14(火) 20:53 | URL | WIDOWのファン #-[ 編集]
WIDOWのファンさんのHR/HMの趣味が幅広い事はブログの記事から
ある程度察していたつもりでしたが、
これも聴いていましたか~。

私は当時、完全に聴き逃しておりHELLOWEENにアンディ・デリスが加入して初めて
聴きはじめたのですが、
改めて聴いてみると、アンディの声もこの頃と今とで、
あんまり変わってないのは色んな意味で凄いですよね(笑)。
2009/07/15(水) 01:04 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/148-42f3ad6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。