謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
After The WarAfter The War
(2003/04/10)
Gary Moore

商品詳細を見る



'89年にリリースされた本人名義では7枚目のアルバム。

音楽性は前作とほぼ変わらず、アイリッシュなメロディも
取り入れたメロディアスなHRをやっている。
②③とハードかつ軽快なテンポの楽曲が続く中、やはり
この時代の彼のギターのキレは
ソロだけでなくリフや、所々のオカズだけを聴いても
尋常じゃないことが分かる。
と言うか、③、カッコ良すぎだ!

⑤の"Led clones"という曲はタイトルから察した方も
いるかもしれないが、当時LED ZEPPELINのクローン呼ばわりされていた
KINGDOM COMのことを痛烈に皮肉った曲。
オジー・オズボーンがゲストとして歌っており、
"Kashmir"に似た曲調をバックに、キツイ歌詞を
皮肉たっぷりに歌っていて色んな意味で面白い曲だ。
(ちょっとゲイリーは大人気無い気もするけどね)

⑥⑦とかはいい曲で、好きなのだが
過去に彼が作った楽曲とコード進行が酷似しているため
手放しで、ベタ褒めすることはできない。
まあ、そうは思っていても
絶対飛ばさず聴くところなんだけどね(笑)。
⑨はあまり哀愁漂う楽曲という訳ではなく、この時代の彼の
もう一つの一面である、ロックンローラーな・・・と
でも言いましょうか
ストレートなロックンロール調の、だけどポップな楽曲。
それなのに、無理やりっぽく弾きまくったソロを入れているのは
ちょっと笑った(笑)。

この作品を最後にHRっぽい楽曲をやらなくなってしまうのは
残念だが、以降もまた違った魅力を見せる
ゲイリー・ムーア。
まあ・・・そうは言ってもやっぱりHRをやって欲しいよなぁ・・・。
そして、私のような日本人のファンが多いから
煙たがって彼は来日しないのかもしれないのだが(苦笑)。

~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②After the war
③Speak for yourself
④Livin' on dreams
⑥The messiah will come again
⑦Running from the storm
⑨Ready for love
⑩Blood of emerald



総評・・・87点
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/151-b387f9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。