謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグ・バング・セオリービッグ・バング・セオリー
(1998/07/05)
ハーレム・スキャーレム

商品詳細を見る



'98年にリリースされた5th。

音楽的な路線は前作とほぼ変わらない。
キャッチーな歌メロを生かした爽やかなHRサウンドに
ちょっとだけ、グランジテイストも気持ち程度に入っているような・・・
そんなサウンドだ。
まあ、テクニカルなギターフレーズが少なくなった気もするが
コーラスワークなどはそのままで、彼ららしさは
決して失ってはいないと言える。

①③のような勢いのある、HRナンバーが
好まれると思うが⑤⑦のようなグランジ・オルタナティブ色が
多分に入ったへヴィなリフを用いた楽曲で
彼ららしい、ポップなサビが入る曲が私としては面白いと思った。
前作のレビューでも同じことを書いたが
こういう楽曲をやってくれることをむしろ望んでいる。
1st、2ndの路線でもそれはそれでいいんだけど
これはこれで彼らの個性だと思う。
まあ、3rdみたいにメロディが分かりにくい曲ばかり
並ぶとちょっとアレなんだけど。

後半になるにつれて、重いリフの曲が続くけれども
⑧なんかはQUEENっぽくもあるし
決して悪い印象ばかりを抱くことは無いと思う。
ラストの⑩はかなり爽やかなバラードだし、
後味は良い。
私がこの作品を聴く時、毎回飛ばす曲は特に無い。
そんなよく出来たアルバム。
欲を言えば、もう少しインパクトの強い楽曲が
欲しいが・・・贅沢だろうか。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①So blind
②Climb the gate
③Reload
④Table turning
⑤Turn around
⑦Sometimes I wish
⑧Never have it all
⑩In my state of mind



総評・・・85点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大好きなバンドでした
こんにちは!

残念ながら解散してしまいましたが、HAREM SCAREMとても良いバンドでしたね。

バンドはこの作品をリリース後、ラバー名義にかわり、少しおかしな方向へ活動しましたが、ウェイト・オブ・ザ・ワールドでは見事なまでの復活劇で良い路線へと戻ってきていたので今回の解散はとても残念でしたね!

今作(10)でも美しいバラードが聴けますが、彼らはバラード作りの名手でもありましたね!私はバラードのベストアルバムも持っていますが、これも最高です!
2009/07/21(火) 08:44 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
Re: 大好きなバンドでした
音楽を作って生活にしようとしている人たちですから、売れたいと
思うのは当たり前のことですが、自分達が望まない音楽の方が売れてしまうのは
皮肉でした。
解散したのは残念でしたが、本当にいいバンドでした。

HAREM SCAREMのバラード集、ありましたね~。
選曲に関してはよく知らないのですが、彼らの場合バラードと
言っても本当に多彩で、ワンパターンにならないので
きっと素晴らしいのでしょうね。

先日、完全に解散してしまったTHUNDERみたいに
また復活する可能性もあるのかもしれませんが・・・
難しいかもしれませんね。
2009/07/22(水) 01:26 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/153-f5acf84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。