謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が国においてHR/HMを聴く人の数は、
全ての音楽ジャンルのファンの数の
割合から考えると少ない。
LOUDNESSは海外進出をして成功を治め、
国内でも聖飢魔Ⅱやらsex MACHINGUNSといった
メタルそのものとしか言えない音楽を演奏している
バンドが過去にいたにも
関わらず、だ。

その原因を考えると、
聖飢魔Ⅱなどは半分ネタ、という立ち位置で
自分達を売っていたし
「Heavy metalとはカッコいい音楽なのだ」と真剣にアピールする
タイプのバンドでは無かったから、一過性のブームしか
作れず、特定のファンにしか受け容れられなかった。

一方、LOUDNESSはと言うとANTHEM、44MAGNUM、EZO、
EARTHSHAKER、VOWWOWらと共に
立派にジャパメタブームを作ってきたという意見も
あるだろうが、あの'80年代のジャパメタブームとは
あくまでロックファンのためのものであり
あの時代を生きた幅広い年齢層の多くに
認識されたものではない。

あのブームはあくまで
音楽雑誌で特に大々的に宣伝されてきたものなので
ロックファン、音楽ファンでない方に正しく「HR/HMが
どういうものか」が伝わらなかった・・・
だから、今でもHR/HMのファンが日本で少ないのでは?
と私は考えている。

この私の思い込みを裏付けるかのように
私より年配のロックファンに話を聞くと
ジャパメタを今なお好まれる方であってもジャパメタから
本格的に海外のHR/HMにハマった、という方は少ないようで、
海外のHR/HMを元々聴いていたが、ふとジャパメタを聴いてみて
その中に気に入ったものがあったから日本のHR/HMにも
目を向けようと考えた、という方が多いようだ。

そしてあの当時、海外のHR/HMを元々聴いたこともない
新規のジャパメタのファンは、LOUDNESSならLOUDNESS
という風に一つのバンドをしっかり聴いて、他のバンドには
あまり浮気をしないというスタンスの方が多くて
表現が適切かどうかは分からないがアイドルを応援するような、
スタイルになっており
(まあ、LOUDNESSは元々アイドルなんだけど)
彼らはある一つのバンドに興味は持っても
HR/HMに興味を持っていなかった。

一方、海外のHR/HMを好む方の多くは一つのバンドしか
聴かない、なんてことはしない。
音楽性の嗜好はあれど、色々なバンドの作品を
聴くのが自然な姿になっている。
どちらがいい、悪いということではなく
この「一つのバンドしか聴かない」とか
「浮気をしない」という感覚は、日本固有とまでは言わないが
日本人らしい感覚だと思う。
音楽だけでなく、ミュージシャンの人となりも含めて
崇拝するということだろうか。
一つの会社で生涯働き続ける、という日本的な価値観にも
似ている。
この日本人らしい音楽への接し方がHR/HMが
日本に浸透しない要因では無いか、と私は考えている。


色んなバンドの音楽を聴くことで音楽的な見地を広げたいという
考え方もあるのかもしれないが、
HR/HMを好む方の多くは、一つのバンドを聴いただけでは
「HR/HMの何たるか」が分からない、と考え
より色々なバンドを聴いてHR/HMの本質に近付こうとしている。
私はそういうスタンスこそが真に「HR/HMに興味を持つ」
という事だと思う。


だから、私は日本でHR/HMブームを作るためには
まずHR/HM云々がどうのということも大事だが
色んな音楽を聴くというスタンスをいかに広げるか、
いかに特定のバンドだけではなく、HR/HMそのものが
カッコいいものだという観念を植え付けることが
重要だと思うのだ。

思うにGALNERYUSとか陰陽座あたりのバンドは、
世界のHR/HMレベルから考えても、飛びぬけて凄いものでは
無いけれども、十分に及第点はやれるくらいの
レベルには達していると思う。
と言うか、あの辺りのバンドよりも酷いバンドなんて
世界を探せば本当に腐るほどいる(笑)。
そして、エクストリームミュージックにおいては日本は
先進国とも言われているくらいレベルが高い。

お互いをライバル視して切磋琢磨するのも良いことだと
思うが、シーンとか土台が無ければHR/HMという音楽は
他のロックよりも聴いてもらえないというハンデが大きい音楽
なのだ。
'80年代'90年代においてへヴィメタルをやることで
成功を治めたバンドが、自分達が成功するだけでなく
HR/HMが日本国内で根付くための
土台を作ってこなかったことが
今の日本のHR/HMシーンにツケを回すことになっている
ような気がするのだが・・・これは素人考えだろうか?
結果的に昔は売れたバンドがライブ動員数においても
アルバムセールスにおいても現在、苦境に立たされているのは
偶然でもなければ、時代のせいにすべき問題でも
無いだろう。

文句ばかり言っていてもしょうがないので
一つ、私が考えたのだが
今、日本のHR/HMバンドがやれることとして
有名なバンドがちょっとマイナーどころのバンドと一緒にツアーを
もっと積極的にやるとかしたら、どうなのかな・・・と思う。
そうしたら、「他のバンドももう少し聴いてみようかな?」
「おっ?こんないいバンドもあるんだ!じゃあ、他のは・・・」と
一つのバンドのファンがゆくゆくは、HR/HMという音楽
そのものに興味を持ってくれるようになる気がするのだが・・・
どうだろう?
それでも難しいかな・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メタリストさん
こんにちは!

HR/HMなかなか日本では認知されませんが、TV番組などでさりげなく使われているケースはかなりありますよね!CMなどで使われる場合は、アーティスト名まで出ることが多いので多少認知されるでしょうが、メタル系はまず使われもしませんからね!

一昔前はラウドネスがTVで演奏するのを観ることもありましたが、今ではプロモすら観ることはありませんからね!

日本人にはHR/HM=ダサいのイメージが定着してしまっているのも悪い要因で、見た目の悪さも日本人に受けない原因でしょうか・・・

なにかをきっかけにHR/HMを聴く→そのアーティストのアルバムを購入→HR/HMのカッコよさに気付き他のアルバムも買う→ライナーノーツも読むようになりそのバンドのルーツとなるバンドのアルバムも聴いてみる→このループがHR/HMを聴く良循環かと思いますが、まず最初のなにかのきっかけをTVなどで得られればと切に願いますね!
2009/07/30(木) 19:19 | URL | メタラーまっちゅ #-[ 編集]
Re: メタリストさん
バラエティ番組などで、時々GAMMA RAYとかDRAGONFORCEとかが流れたりすると、
番組スタッフの中にメタラーがいるんだろうな~と微笑ましくなりますが、
ミュージシャン名を出さないため視聴者が気になっても
これでは調べようが無いですからね。
あくまでSE扱い、ってことでしょうが。

へヴィメタル=ダサい、と思われるのはまだいいと思います。
'90年代のアメリカが正にそうでしたが、今は多少盛り返しており
またリヴァイバルブームとして流行る可能性が残されている訳ですから。
しかし、大多数日本人の場合「へヴィメタル」という単語を聞くと
大体の人がヴィジュアル系やパンクと混同してたり、音楽的な実像を
知らないんですよね。
知っていることと言えば派手な格好をして、うるさい音楽をやっているという
「ヘビメタ」の漠然としたイメージのみで、多くの方が実像を知らないから
メインストリームに行きようが無い訳です。

まあ、メタラーまっちゅさんの仰る通りで
何かTVとか不特定多数の方がHR/HMの良い曲が視聴できる
(欲を言えば、無理やりではなく自然に)きっかけさえあれば
伊藤政則氏あたりが頻繁にテレビに出るようになって、正しいHR/HMの
姿を説明する機会が増えると思いますね。

見た目の悪さも・・・確かにあるんですよね(笑)。
一部のバンドがヒットしたはいいけれどもその見た目が
ネタにされたことから、
長髪&ジーンズ&レザーのジャケットという組み合わせが
ダサいってことになってますからね(苦笑)。

2009/07/31(金) 01:38 | URL | メタリスト #-[ 編集]
Practice what you preach
日本メタル普及の意味を込め、
本日、日本のバンドの動画を
自分のブログの最新記事に貼っておきました。
感想を聞かせていただけたら嬉しいです☆

あとバナーもクリックしてくれたら
もっと嬉しいです、ハイ(笑)。
FC2ブログランキングで
最近、私のブログが人気下降気味で・・・
ちなみに、私はメタリストさんのブログのバナーを
毎日クリックしております☆

メタルブログ・シーンの土台の強化のためにも、
こういった助け合いは
大切な事だと私は思ってますんで・・・。
2009/07/31(金) 20:52 | URL | WIDOWのファン #-[ 編集]
何だか、私が気付かない内に色々と応援して頂いていたようで
有難うございます。
正直なところ、ブログのシステムをあんまりよく理解していなくて
バナーと拍手とかあんまりよく意味が分からずに他所でも押したりしていたのですが
あれって、他の人から押してもらえればよりたくさんの人に見てもらえるんですよね?
私のブログに関しては、毎回ではなくても
記事が面白いと思えた時だけバナーをクリックするなり
してもらえれば、それだけで十分有難いことです。
あまり無理をなさらないで下さい。

私のブログに関しては
我ながら、まとまりの無い文章をダラダラ書いていることも
多いと思うので、つまらなければ
バナーをクリックしなくても結構ですよ(笑)。
何だか心苦しいので・・・(汗)。
ただ、バナーをクリックしてもらったことには本当に感謝しておりますので
WIDOWのファンさんの記事の中で興味深かった記事があれば
これからもドンドン拍手なり、
バナークリックさせて頂きますので。
(最新の記事もクリックしました)

それとWIDOWのファンさんのブログに限らず、ですけど
YOUTUBEとかの動画をリンク先に飛ぶのではなくて
同じページで観られるようにしてあるものが、
私のPCからでは何故か観ることができません・・・。
YOUTUBEへのリンク先とかだったら行けるんですけどね・・・。
2009/08/01(土) 01:49 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/163-8c7634ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。