謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローテイターローテイター
(1996/05/24)
ディジー・ミズ・リジー

商品詳細を見る



'96年にリリースされた2nd。

音楽的な方向性は1stとほぼ変わらないが、同じ路線で
更に曲作りのセンスが研鑽されているな・・・というのが
久々に私がアルバム一枚を通して聴いた感想だ。

マニアックすぎず、しかし類型的なメロディアスHRにならない
そのバランス感覚は相変わらず見事で
「①のリフからどうして、この歌メロで始まるんだ?!」・・・と
まず驚かされる。
しかも、それが素っ頓狂で奇をてらったものではなく、
ごく自然な楽曲に仕上がっている。
まあ、⑦のイントロだけはちょっとマニアックなリズムパターンだが
それでも歌を生かす、と彼らが
あらかじめ決めているであろう、曲作りの大前提は
変わっていないように思う。

個人的に好きなのはタイトルトラックの③。
この曲が彼らの本質を一番表していると思う。
へヴィで何となく聴き手に焦燥感を起こさせるようなリフから
もの悲しいとも言える歌メロが絶妙なバランスで
乗っている名曲。
④はジョン・レノンに捧げた歌であり、この曲は
彼らにしては素直な曲調のバラードだが
メロディセンスは非凡。

⑦は昔、個人的にやっていたバンドで
ドラマーと一緒に遊びでコピーしたが非常にリズム的に
マニアックで面白い。
演奏するのも面白いが、聴くだけでもその魅力は伝わるだろう。
最初は訳が分からないかもしれないが慣れればかなりハマる。

後半のハイライトは⑪かな。
アルバムもラストに近づく頃には、彼らの楽曲に慣れつつ
あり良曲ではあれどインパクトの強い楽曲が欲しい所で
ガツンとやってくれる。
哀愁漂う歌メロとリフの鋭さのバランスは名曲③と同レベル。

もう、こんなタイプのバンドは現れないだろうなぁ。
彼らには短期ではなく長期での復活を
考えてもらいたいが・・・。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Thorn in my pride
②Run
③Rotator
④11:07 PM
⑥When the river runs dry
⑦Break
⑨Riff sang
⑪Find my way
⑫Two of you



総評・・・91点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メタリストさん、こんにちは!

Dizzy Mizz Lizzyの1st、2nd両方とも大好きでした!
メタリストさんのおっしゃる通り、見事なバランス感覚を持ったバンドでしたね。
このアルバムでの来日公演に行ったのですが、
身体をリズムに乗せるのが非常に難しかった覚えがあります(苦笑)
特にこのアルバムの曲が。

このバンドのボーカルのソロアルバムが、
どんな音楽を作っているのか
ずっと気になっていて探しているのですが、
なかなか店頭で見つかりません。
メタリストさんはチェックされましたか?
2009/08/20(木) 15:21 | URL | Wormboy #3hri4u1c[ 編集]
いいバンドでしたよね。
私も来日公演に行きましたが、2ndの曲は全体的にマニアックなリズムパターンの曲が
多いですからね・・・乗りにくかったです(苦笑)。
あと、ライブの内容は良かったと思いますがトリオでやっていることから、
アルバムと比べて若干、私には音が薄く感じることもありました。

ティム・クリステンセンのソロはですね・・・自分では買っていないんですが、
知り合いが持ってまして、それで聴いたことはあります。
内容的にはDIZZY MIZZ LIZZYと比べるとリズム的には至極まともですが、
メロディラインは、あの独特の雰囲気があります。
私としては、彼らのリフやリズムパターンがあってこそ気に入っていたので
物足りなく感じましたが、メロディ自体は凄く良いと思いますよ。
2009/08/21(金) 00:33 | URL | メタリスト #-[ 編集]
メタリストさん、こんにちは!

ティムのソロ情報ありがとうございます。
DIZZY MIZZ LIZZY独特のマニアックなリズムは、
バンドだからこそ生まれたのかもしれませんね。

>メロディ自体は凄く良いと思いますよ。
彼らのメロディラインも好きだったので、根気強く探してチェックしてみようと思います。

やはりメタリストさんもあのリズムパターンが乗りにくく感じましたか?(苦笑)
もしかしたら同じ会場でメタリストさんとご一緒していたかもしれませんね。
2009/08/23(日) 16:32 | URL | Wormboy #3hri4u1c[ 編集]
DIZZY MIZZ LIZZYはあの変てこなリズムこそが持ち味でしたから、
ソロでも多少はやってくれるかと思っていましたが、そこは普通で残念だと思いました。
とは言え、彼のソロツアーでは"Waterline""Glory"とかもやっていたようです。

"Break"で途中、拍の頭に上手く乗れなかった
背丈180前後の黒い長髪にサングラスをつけてた男が私なのですが・・・
そんな人はいっぱいいるでしょうね(苦笑)。
2009/08/24(月) 00:59 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/181-9b23b910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。