謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J-POPを中心に聴いている方にとってはあまり
馴染みは無いかもしれないが、
HR/HMをある程度聴き始めると、ライナーノーツや
雑誌BURRN!などに度々出てくる
この「プログレッシブロック」という音楽ジャンル。

DREAM THEATERやらRUSHQUEENSRYCHE
メンバーのように割と勉強好きで、理屈っぽさそうな
人(失礼)が好みそうな難しい音楽だと思い込み
敬遠している方はいないだろうか?
だとするとそれは勿体無い。

確かに小難しい歌詞、常人には理解しがたい変拍子バリバリの
古臭い音は現代っ子のメタラーには厳しいものがあろう。
しかし!
プログレッシブロックに一番ハマリやすいのは、
おそらくメタラーだと思う。
なぜ、そう思うかと言うと
第一にプログレッシブロックはその昔、「アートロック」とも
呼ばれていたくらい、ロックなのに芸術性が高いという扱いを
受けていたし、
その芸術性の高さというのは単に前衛的な曲作りが
評価されただけではなく、曲の構成の美しさも
高く評価されていたのだ。
バンドによっては楽曲のメロディの美しさに関してネオクラ系HMと
比べても遜色の無いクサさを持っているし、
更に、プログレッシブロックは普通のHR/HMバンドが
使わないようなジャズっぽいメロディを使うことも
あるため、メタラーにとっては
とても新鮮に感じる場合もある。

メタラーと言うのは、一部のジャンルを除くと
メロディとか曲構成の美しさにこだわりを持っている方は
多いでしょう?
だから、メタラーはプログレッシブロックも好む方が多いし、
ハマる可能性も一番高い人種だと思うのだ。

しかし、どれから聴いていいか
分からない、という方も多いであろう。
だから、ここでは私が聴いてきた超メジャーどころの
プログレッシブロックバンドの名作の中から
比較的メタラーにアピールしそうなアルバム、
楽曲を簡単に紹介しよう。


まずはEL&P
key、Ba/Vo、Drのトリオだが、ジャズ、クラシックなど
幅広い音楽性とバンドリーダー、キース・エマーソンの
Keyらしからぬ、ブルータルなライブパフォーマンスが
話題を呼んだ。

彼らの場合は、全盛期のアルバムであれば
どれも素晴らしいのだが、ことメタラー向きのアルバムを
挙げるならば"TRILOGY""TARKUS"かなぁ・・・。

"TRILOGY"収録の"Trilogy"
http://www.youtube.com/watch?v=TwceWd8NAgY&feature=related
これは曲名通り「三部作」となっており
メロディアスな歌メロとピアノが先に来るため
比較的聴き易い。それでいて後半はいかにもプログレといった
混沌とした世界に連れて行かれる(笑)。
メロディアス派にはこの曲から入るのがいいかも。

"TARKUS"の方はあまりいい動画が見つからなかったため、
割愛させて頂くが、こちらは
ジャジーなピアノとクラシック的な要素が上手い具合に
交じり合った名盤。


次、YESは時期によって、メンバーが
コロコロ変わっているが、
Vo、Gu、Ba、key、Drの五人編成の時代が一番長くて
現在は比較的ポップなアルバムを出しているのだが
やはり聴いて欲しいのは
"CLOSE TO THE EDGE"・・・なのだが、
このアルバムは3曲で30分ちょっと、という長い組曲編成であり
ハードルが高いであろうから、楽曲単位で紹介しよう。

"THE YES ALBUM"収録の"Starship trooper"
http://www.youtube.com/watch?v=-Jhk5MEugJY&feature=related

この曲は現在でもYESのライブには欠かせない曲であり、
全盛期のYESを一曲で雄弁に語っているので、挙げておいた。
アルバム単位だと"GOING FOR THE ONE""FRAGILE"
薦める方もいるかもしれないが、こちらは素晴らしい楽曲が
入ってはいるものの、曲が長かったり
メロディが前面には出ていなかったり、と
入門編としては少々敷居が高いかも・・・。


PINK FLOYDはセールス的には
世界的に最も成功したバンドだろうから、ご存知の方も多いかも
しれない。
基本的にはGu、Vo、Ba、Dr、Keyという編成だが
ライブにおいては色々なサポートメンバーがいたりする。
一応プログレッシブロックのくくりに入っているが、
個人的には一番、プログレッシブロックらしくないバンドだと
思うし、YESなどとは違いスピーディでスリリングな演奏は
あまりしないバンドなので
DREAM THEATERなどが好きな人にとっては
「??これ、プログレ?映画のサントラじゃないのか?」と思われるかも。

アルバム単位で薦めるなら一般的には
"THE DARK SIDE OF THE MOON"を薦めるべきかも
しれないが、
"WISH YOU WERE HERE"の方がよりプログレッシブロック
という感じがするし、メロディ的にもメタラー向きかも。

"WISH YOU WERE HERE"収録"Shine On You Crazy Diamond Part IV-V"
http://www.youtube.com/watch?v=ONQnn-iDY7s&feature=related

本当はこの曲はPartⅠ-Ⅲもあり、そこではデイヴ・ギルモアの
美しいギターが聴けるのだが、7分くらいインストが
続くため歌の入って、取っ付き易いPart IV-Vを挙げています。


有名なプログレッシブロックバンドの中で最も取っ付きにくく
しかしながら、一番へヴィメタルに近いと
私が思うのはKING CRIMSON

このバンドは初期はともかくとして
バンドリーダーのGu、ロバート・フリップが
いれば成立するバンドであり、メンバー編成はその時々に
よって彼以外のメンバーは変わっている。
へヴィメタルに一番近い、と書いたのは
彼らのサウンドがへヴィであるから。
で、一番へヴィでメロディアス、そしてプログレッシブな
アルバムを一枚挙げるとするなら"RED"がいいかもしれない。
ジョン・ウェットンのVoが私の好みだから、という
理由もあるんだけどね(笑)。

"RED"収録の"Red"
http://www.youtube.com/watch?v=Z7WhQ3cjO2Y

"RED"収録の"Fallen angel"
http://www.youtube.com/watch?v=xNjVg8pzgiI&feature=related

ちなみにこの2曲はアルバムの1曲目2曲目にあたる。
今聴いてもへヴィだ。
特にジョン・ウェットンのBaはメタルでもここまでやらないだろう、ってくらい
歪ませているし・・・。


あと、有名どころと言えば
GENESISとかMOODY BLUESなどがあるが、この辺は
私もあんまり聴いていません(苦笑)。何枚か聴いてみて
あまり好みでは無かったので。
今挙げたバンドに関しても、あくまでプログレッシブロックの中でも
シンフォニック系と呼ばれたりする
比較的メロディアスな楽曲をやる、取っ付き易い人達であり
一部に過ぎない。
他にもSOFT MACHINENATIONAL HEALTH
言ったジャズロック系のプログレッシブロックバンドもいる。
まあ、この辺は本当にプログレッシブロックが好きな人向けで
あり、いきなり聴くのはおススメしない。
結構マニアックなことをやっているので。


と、まあこんな感じでだいぶ長くなったけれど
今挙げたプログレッシブロックバンドの影響を語るバンドは
HR/HMの世界にもたくさんいる。
DREAM THEATERCIRCUS MAXIMUSはメロディの質は
違えど、その高度な演奏技術や曲の構成に
関して間違いなくYESの影響を受けているし
へヴィな音を好むメタルバンドの中にはKING CRIMSON
影響を語るバンドもいる。
そんなバンドの音楽的なルーツを探ることも
全くの無意味では無いだろう。
プログレッシブロックへの敷居が少しでも低くなり、
HR/HMを楽しむための角度、とでも言いましょうか・・・
皆さんのそういう部分が少しでも広がったなら、私にとっても幸いです。


最後に、上記バンドほどは有名ではないけれども
それなりに有名で、素晴らしいメロディを書く
プログレッシブロックバンドの音源を紹介しよう。
これを聴いて感動の涙にむせび泣いて下さい(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=h2JCsHcHwCw&feature=related
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めましてm(__)m

プログレッシブロックを語る人がなかなかいないのでちょい嬉しくなりました。やっぱこの辺の有名所はいいですよね。

個人的見解ですがPink Floydは他のバンドよりプログレッシブだと思います。最初のプログレッシブロックと言えばテクニックはあまり関係ありませんし、Dream Theaterのアルバム構成はかなりPink Floydの影響を受けてます。

あとKing Crimsonは太陽と戦慄も推しますね。

ちなみにシンフォプログレ系はPFMというバンドがいいですよ。あまりのクサさに倒れます(笑)

こちらのブログでも似たような趣向のCD取り扱ってるんでよければ来てみてください!
2009/08/18(火) 20:58 | URL | 北欧海老 #-[ 編集]
初めまして、当ブログへのコメント有難うございます。

プログレッシブロックという字義通りに考えると、確かにPINK FLOYDほど
言葉通りプログレッシブなバンドはいないかもしれませんね。
こう、上手くは言えませんがプログレッシブとは言いながらも
音楽的に類型化した形があるのが現在のプログレッシブロックであり、
私もその形に囚われている部分があるかもしれません(汗)。

そう言えば、ロバート・フリップもそれが理由でKING CRIMSONがプログレッシブロックと
呼ばれることを嫌っていたんですよね。

PFMはバンド名だけ聴いたことがあります。
評判は良いみたいですけど、まだ聴いたことがありませんね。
探して聴いてみることにします。

そちらのブログにも近いうちにお邪魔したいと思いますので、その時は宜しくお願いします!
2009/08/19(水) 01:29 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/186-63c0c3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。