謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Streets: A Rock OperaStreets: A Rock Opera
(1991/10/15)
Savatage

商品詳細を見る


'91年にリリースされた6th。

SAVATAGEの初期のサウンドと、ザッカリー加入以降の
路線とちょうど中間くらいのサウンドを本作品では
やっており、ファンの間でも「最高傑作」との評価もある
一枚だ。
SAVATAGEが本格的にドラマティックなHMを志すようになった
キーマンであるプロデューサー、ポール・オニール。
今では彼は、SAVATAGEのメンバーも同然だが
SAVATAGEの音楽に社会的なメッセージを込めることを
アイディアに入れて、それに合ったアルバムの展開を
作らせることにした
彼に私はまず感謝したい。
正直なところ、初期の作品だけでは多分私はSAVATAGEを
好きになれなかっただろうから。
(まあ、今聴くと初期は初期で良さがあるんだけどね)

前置きが長くなったが、本作品ではドラッグのディーラーが
NYでロックスターになり、成功そして挫折を味わい
希望を見出すというストーリーを基にしてつくられた
コンセプトアルバム。

①はモロに初期の路線の楽曲であり、おどろおどろしい
BLACK SABBATHのようなリフ。
こういう曲からアルバムが始まるため、正直なところ
私も最初に本作品を聴いた時には不安を隠しきれなかったのを
よく覚えているが、これは歌詞を読み展開を考えると
一曲目がこういう曲調なのは必然だと思う。
②も①と少々似ているが、主人公DT.ジーザスの悪辣な日常を
現しているため、おどろおどろしいと言うよりはワイルド。
近年の彼らのライブでもよく演奏される人気曲だ。

③は最近のSAVATAGEのみが好き、という人でも十分
受け容れられるドラマティックな楽曲。
ピアノをフィーチュアした"Tonight he grins again"
と故クリス・オリヴァのタッピングを駆使したソロが見事な
"Strange reality"の二部になっている。

④はピアノ以外はジョン・オリヴァのVoのみ、という
シンプルなバラード。
ジョンは決して器用なVoでは無いが、だからこそ心を打たれる
こともある。

⑤の後半のハードなシャッフルナンバー"Sammy and Tex"は
これまでへヴィなリフや、ピアノを主体としたゆったりとしたHMが
多い中、軽快なリズムでいいアクセントになっていて良い。
⑥はメロディはそこそこだが、ちょっとクリスのギターソロが
タッピングを控え目に使っていて珍しい。
(いつもは結構バリバリにタッピングを交えたソロをする人なので)

⑨は歌詞が象徴するように、前半の楽曲のようなへヴィさが目立つ。

⑪の前半"Agony and ecstasy"ではリフ重視のパワーメタル調の楽曲
なのだが、ギターソロのみならず曲全体から漲る緊張感が凄い。
後半の"Heal my soul"は前半とは打って変わって
ピアノ主体の和めるバラード。地味にクワイアも入れており
感動のラストへの序曲とも取れる。

⑫。
ここまで通して聴くと、一時間ちょっとかかる。
一時間と言えば結構長く、
凡百のアルバムを聴いていたのでは飽きが来るところだが、
この局面でそれまで以上の感動の波が襲ってくる
楽曲を持ってこれるというのだから凄い。
"Somewhere in time"そして"Believe"を
聴き終わる頃には
このアルバムのタイトル通り、一つのロックオペラが
そこにあることを実感できるだろうし
なぜ、私がSAVATAGEをここまで贔屓しているのかが
分かってもらえると思う。

スピードナンバーなどは特に無いけどね。
ドラマティックなHM、正統派HMが好きな人はとりあえず
聴いた方がいいかと。
そのどちらが好きな方でも満足できる完成度だと思うから。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Jesus saves
③Tonight he grins again/Strange reality
④Little too far
⑤You're alive/Sammy and Tex
⑥St.Patrick's
⑨Ghost in the ruins
⑩If I go away
⑪Agony and ecstasy/heal my soul
⑫Somewhere in time/Believe



総評・・・91点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/202-a18c6f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。