謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムーヴィング・ターゲットムーヴィング・ターゲット
(2008/09/24)
ロイヤル・ハント

商品詳細を見る



'95年にリリースされた3rd。

Voが2代目のD.C.クーパーに変わってから
第一作目のアルバム。
1st、2ndともに素晴らしい出来でBURRN!誌のプッシュも
あったようで、これからと言う時の突然のVo交代劇。
これには不安を感じた方も多かったようだが
こうしてアルバムを聴いてみると、
前任者のヘンリック・ブロックマンには悪いが
交代は正解だったと言える。
バンドリーダー、アンドレ・アンダーセンが作る(やってみたい)
音楽が前作までのそれと比べると、明らかに洗練されているのは
おそらくシンガーを交代させたことと無関係では無いだろう。

もともとスピードメタルっぽい曲は殆どやらなかった彼らだが、
①②など前半の曲もミドルテンポの曲から始まる。
それでもダレることなく一気に聴ける。
まあ、この3rdでしばらく彼らの音楽的な路線が固まってしまって
その後のアルバムの音楽性に新鮮さを感じなくなるが
1st、2ndと順番に聴いている人にとっては
彼らは随分とレベルアップした、と感じることだろうね。

⑤はクラシカルで荘厳なメロディの楽曲が多い中、
何と言えばいいか、王道を敢えて外したメロディで
ギターが割と目立っていて異色な楽曲。こういうのも
面白い。
⑥はインスト。
スピーディでも無ければ、極端にテクニカルでも無い
メロディをじっくり聴かせるタイプの曲。
よく練られているインストだ。

まあ、全体的に前作までと比べるとちょっと
アレンジが凝っていたり、アルバムテーマの重さが
歌詞や楽曲の雰囲気にも現れていて
ちょっとだけ気軽に聴けなくなった感もあるが、
気になる、という程でも無い問題かな。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Last goodbye
②1348
④Far away
⑤Step by step
⑥Autograph
⑨Time



総評・・・84点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。このアルバム懐かしいですね。僕は90年代後半はROYAL HUNTにドップリ浸かっていました。Henrikも味があって良いし、John WestやMark Boalsも好きなシンガーですが、やはりこのバンドにはD.C Cooperが一番合ってると思います。

そういえばLOUD PARK 09にROYAL HUNTの参戦が決定したようですね。今年はメロディアス系が充実していて2日目なんてROYAL HUNT、FAIR WARNING、GOTTHARD、H.E.A.T、GALNERYUSなど好きなバンドが目白押しです。
もし関西圏でこれだけのバンドを1日で観れるとなれば、是非行きたいですね。
長文失礼しました。
2009/09/14(月) 18:45 | URL | よしよ #-[ 編集]
>>よしよさん

昔からのROYAL HUNTファンには
D.C.クーパーがバンドの成長に一番貢献した感もあり、人気が高いですよね。
私も一番は選びにくいのですが、好きなのはD.C.クーパーです。

ラウドパークの出演バンドの中に、メロディアスHR系のバンドは最初、
FAIR WARNINGだけであとは
ちょっとうるさめのバンドか、正統派HMっぽいバンドばかりだったので
ROYAL HUNTとかGOTTHARDあたりの
参加が決まったのは良かったですよね。
FAIR WARNINGだけだったら、かなり観客のリアクションが不安ですからね(笑)。
しかし、本当にこれだけのバンドが観れるとなると羨ましい限りです。
私も観たいんですけどね~。
2009/09/15(火) 01:06 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/212-3326bf54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。