謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Forged in FireForged in Fire
(2009/05/12)
Anvil

商品詳細を見る



'83年にリリースされた3rd。

驚くべきことに彼らのドキュメンタリー映画が出るそうで・・・
ちょっとタイムリーかな、と思ってまずは2ndをレビューをしてみた。
キアヌ・リーブスもこの映画について、コメントしている
ようだが・・・ファンなのかな?
(しかし、何故今ANVILなんだろう・・・?
RATTやらQUIET RIOTとかなら最近、
STEEL PANTHERも出たことだし、分からないでも無いんだが・・・)

ANVILのことをご存知で無い方も、もう多いだろうから
簡単に彼らの音楽性を説明すると、NWOBHM風であったり
スラッシーであったりするパワーメタル・・・で合っていると
思う。
しかし、彼らの名前を有名にしたのはカナダ出身でありながら
NWOBHM風の音楽をやっていることよりも
大人のオモチャをギターのピックアップに近づけたりするという
お馬鹿なパフォーマンスの方で有名になったと
言っていいかも。
この話だけ聞くと結構色物っぽいイメージを
持たれるかもしれないが・・・まあ半分当たっている(笑)。

①は妙に禍々しくもへヴィな曲から始まるが、
それ以降はしっとりとした哀愁漂うへヴィメタルをやっていて
NWOBHM好きなら結構グッとくるものがあるだろう。
③がドラマティックだし個人的に一番好きかな。
リップスのヘタウマな歌が返っていい味を出している。

⑤はIRON MAIDENのある曲とイントロが酷似しているが、
曲展開はまるで違う。
こちらの方がもっとイモ臭い(笑)。
⑥も同様・・・IRON MAIDENの
"Wrathchild"に似ている・・・。
と言うか、IRON MAIDEN好きなのかなぁ・・・。
年代は殆ど同じくらいなんだけど。
疾走感を求める向きには⑨も気にいるかも。

しかし、このアルバムはやっぱり昔のものということもあり
音も軽いし、ロブ・レイナーのドラミングも突っ走っている時は
カッコいいがところどころ危なっかしくもある。
楽曲も2ndの方が優れているが、私にとっては③があるせいで
たま~に聴いてしまう付き合いの長い一枚なのだ。
良質のNWOBHMの楽曲には得てしてそんな魅力があるね。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
③Free as the wind
⑤Butter-bust jerky
⑦Hard times - fast ladies
⑨Motormount



総評・・・77点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/219-e3fbaeae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。