謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SoulflySoulfly
(1998/04/21)
Soulfly

商品詳細を見る

'98年にリリースされた1st。

このバンドはSEPULTURAをバンド内のいざこざによって
脱退した、マックス・カヴァレラが中心になって
結成された。
音楽的には"ROOTS"時のSEPULTURAをより
エゲツなくしたような感じで、まあ日本で言うところの
モダンへヴィネスとかミクスチャーロック。

モダンへヴィネスという言葉を聴くだけで、拒絶反応を示す方も
多いだろうし、実際私もそんなに好きなサブジャンルでは無いが、
この1stに関しては結構面白いです。
HIPHOP的な要素も多分に取り入れてはいるものの、
取ってつけたような感じではなく、マックス・カヴァレラ自身が
そういう音楽を好んで聴いていることが分かるような
取り入れ方をしている。

本場の方が聴いたら、ラップとしては上手い方だと
思われないかもしれないのだが、
それでも無理に黒人風のラップを真似するのではなく、あくまで
自分流でやっており、自分の歌のヴァリエーションの一つとして
考えているように私には思えた。
また③なんかはスクラッチ音をヴォイスパーカッションのようにして
再現しており、実験的な事を積極的にやっており
また、それがハマっているんだよなぁ。
④はブラジル音楽+ダンスビート+ラウドロック?

またマックスかジャクソン・バンデイラどちらが弾いているのかが
よく分からないが
⑤の怪しげなイントロや、⑧のようなインストナンバーでは
とても繊細で叙情的なギターフレーズが聴けて、およそこういう
大音量で聴くタイプの音楽らしくない美しさもあり
意外に感じるかもしれない。

⑨はブラジルのポップシンガー、ジョルジ・ベンのカヴァー。
あまりにアルバムの他の収録曲と溶け込んでいるので
違和感を全く感じないかも。
プリミティヴかつシンプルなリフだが、
ループし、繰り返す感覚が何とも言えず気持ちいい。

アルバム中の殆どの収録曲がグルーヴィなミドルテンポの曲が多い中、
⑫だけは例外的にブルータルなファストナンバー。
こういう曲をもう少し多くアルバム中に散りばめてくれれば
もっといいかな~と思った。
他のファストナンバー⑰とか⑱はあくまでDISCHARGEのカヴァーであり
オリジナル曲では無いしね。

・・・と言うか、ボーナストラック込みで18曲は
幾らなんでも多すぎです(苦笑)。
(オリジナルでも全15曲)
まあ、後半もいい曲が詰まっているしそうワンパターンには
感じないがそれでも長く感じるからねぇ・・・。
1stってことで気合いが入っていたのも分かるのだけれども、
12曲くらいで良かったんじゃないかな。

このアルバム、BURRN!のレビュアーが誰だったかは
忘れたが90点台が付けられていたと記憶している。
確かにこの手の音楽の中ではクオリティが高い方だと
思うが・・・
私は先述の通り、そんなに好きなジャンルでもないので
点数だけを見ると少し冷めた評価をしているのかもしれない。


~METALIST'S FAVORTE TUNE~
①Eye for an eye
②No hope=No fear
③Bleed
④Tribe
⑤Bumba
⑧Soulfly
⑨Umbabarauma
⑩Quilombo
⑫The song remains insane
⑭Prejudice



総評・・・86点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/245-8987535d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。