謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Battering RamBattering Ram
(2004/06/22)
Iron Savior

商品詳細を見る


'04年にリリースされた6th。

もう何度も書いてるけど、彼らの音楽性は変わりません(笑)。
だからメロパワファンにとっては安心して聴けるというもので、
それがマンネリだなどと思うのならば、オススメはできない。
流石に前作の出来が良すぎたため、それを上回るものを
作ることは容易ではないとリリース当時も予想はしていたが
それでも一定のクオリティの作品を作ってくるね、彼らは。

正統派HMを地で行く①は、新鮮なメロディでは無いけれども
サビまでの流れは安心して聴けてサビで盛り上がらせるという
基本に忠実な良曲。
③は、似たようなリフの曲が過去にはあるけれども、
歌メロで曲の差別化をちゃんとしており、ファンであれば
区別がつくくらいのものなので安心して頂きたい。
まあ、Guソロの部分で転調させて聴き手の気分を高揚させたりと
いろいろ工夫もされているから心配せずとも純粋に曲を
楽しむことができるだろうけどね。

④は歌メロだけじゃなくて
イントロ、Guソロ終わり辺りなどギターでテンションの上がる
仕掛けがしてあり、こういう細かいギミックの巧さは
前作よりも良くなっており、曲によっては大味に感じられた
アレンジも多少改善されていると思う。

疾走曲⑦のメロディを聴けば、多くのメタラーが血をたぎらせることは
必至。若干イントロ、リフがACCEPTの"Fast as a shark"に似ているのは
ご愛嬌。
ピート・シールクならではの歌メロが乗ることで、彼らの
個性は十分に出ているし、曲の展開もなかなか凝っていていい曲だ。

欲を言うなら⑥とか⑨のようなミドルテンポの曲の
メロディラインをもう少し頑張って欲しかった。
聴きこみたいと思わせるにはもう少し足りない感じもするね。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Battering ram
③Tyranny of steel
④Time will tell
⑤Wings of deliverance
⑦Riding free



総評・・・85点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/253-485ce1e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。