謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Amongst the Catacombs of Nephren-KaAmongst the Catacombs of Nephren-Ka
(1998/04/28)
Nile

商品詳細を見る



'98年にリリースされた1st。

エジプト風のメロディを時折混ぜたブルータルデスメタルバンド。

まあ、この1stではまだそのエジプト風メロディも
このバンドが作る楽曲に馴染んでいる風ではなくて
ちょっと浮いている感じもする。
デスメタルを特に好まれる方にとっては個性的とは
思っても、面白いかどうかは微妙だと思う。
⑩とかはブラックメタルっぽい疾走パートの中に
突然中近東音楽で使われるようなパーカッションが
入っていたりして、無理矢理感があるしね(笑)。

それにシンフォニックなSEが入る④⑤は、ブルータルデスメタル
と言うよりもメロディが目立ってないブラックメタルっぽくも
感じられるたりするし。
そんなに煮詰められた作品では無いかもしれない。

演奏力はこの1stの時点で既に凄くて、MORBID ANGELを
より激しくしたようなデスメタルが聴ける。
ただ、前半はどうもリフが面白くなくて退屈に感じられた。
突っ走っているだけって感じでね。
①なんかはブルデスと言うか、ここまでやるとグラインドコアっぽくて
ちょっと好みじゃあないなぁ。
しかし⑤からは曲展開も程よく凝っており
聴き応えがある。
怪しいSEを前面に出した曲が目立っているのは
MORBID ANGELをお手本にしているのだと思う。
禍々しい音楽性を演出するのに一役買っている。
が、あまりSEに頼らない⑧のような
普通のブルデスナンバーの方がカッコ良く感じられるのは
皮肉なものだ。(まあ、この辺は人それぞれで
SE生かした曲がいいという方も多いだろうが)

⑨は単調な前半の曲とは全く違い、リズムパターンが
非常に面白くブラストあり、普通に頭が振れる
スラッシュパートありで楽しめた。

前半の曲も後半の曲のようなクオリティがあれば、
もうちょっといい評価ができるのだが、
1stだからね・・・これくらい出来れば上出来でしょう。
(我ながら凄い上から目線だけども・・・(笑))


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
②Barra Edinazzu
⑤Ramses bringer of war
⑧Howling of the Jinn
⑨Pestilence and inquity



総評・・・71点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このバンドはCD持ってませんがけっこう好きです。あの中近東フレーズは癖になりますね。

それとドラマーの先輩が大好きだと言っていただけありドラムプレイはすごいと思います。まぁ数曲しか聴いたことないんでいろいろしゃべることはできませんが(笑)
2009/11/09(月) 00:24 | URL | 北欧海老 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>>北欧海老さん

まあ、私も全部は持っていませんので偉そうにいろいろと言えた義理でありませんが
MORBID ANGELあたりが好きだと結構ハマるんですよね~、このバンドは。
1stは点数が示す通り、あんまりオススメでは無いです。リフもつまらないし
まだ完成していない感じですね。
この1stでもNILEは結構凄いことをやっていますが、オススメは3rdか4thです。
ドラムが凄いのは勿論のこと、全パート鬼のような速さでユニゾンしています(笑)。
2009/11/10(火) 01:03 | URL | メタリスト #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/257-c937a4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。