謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタル・ハートメタル・ハート
(2005/07/20)
アクセプト

商品詳細を見る



'85年にリリースされた5th。

言わずと知れたドイツの正統派HMバンドの名盤。
・・・と言いたいところだが
正統派HM、ドイツ(ヨーロッパ)・・・と
私が好きそうな要素が割と集まったHMアルバムなのに
私はそんなにハマらなかった。
別にウドの声質が駄目って訳ではないし、速い曲が少ないから
物足りないと言うのでもない。
何と言うのかな・・・オールドファンに怒られるかもしれないけど
名盤というほどアルバム構成が見事って訳でも無いし
曲単体もそんなにいい曲ばっかりかなぁ?
そこそこの曲の集まったアルバムという印象はあるのだが・・・
ちょっと、私がACCEPTに求めるものとは違うな。
⑥とかはウドの声質のせいもあって、AC/DCっぽいし。

①は確かに紛うことの無い、名曲だと思う。
「エリーゼのために」をGuソロのメロディに組み込むという
アイディアもハマっているし重厚なリフが素晴らしい
正に私がACCEPTに求める音だ。

しかしそこから先がちょっと・・・・。
②とか③はキャッチーなメロディがなかなかいいのだけれども
①のメロディのインパクトが強すぎてちょっとその魅力が霞むね。
⑤も哀愁漂うメロディではなくてあくまで
明るくてキャッチーなもの。それが物足りないと言うか。
何だかんだでこの辺はよく聴くし、FAVORITEには入れてるけどね(笑)。

⑧には怪しげでダーティなメロディがあり、リズムパターンも軽快だが
ちょっとマニアック過ぎるね・・・。
そんなに捻らなくてもいいと思う。
⑨はいいですね~。
ミドルテンポの曲だけど哀愁漂うメロディ、重厚なアンサンブルといい
ライブで映える曲だろう。

まあ、ACCEPTって殆どのアルバムに一曲くらいは
HR/HM史上に残るクラスの名曲があるけれども、アルバムの出来は
「そこそこ」なものが多い、というのが私の印象なので
アルバムでの評価はもともとあまり高くならない
ものだと思ってください。
いずれにしても、今のメロパワ系に慣れ切った
メタラーにはちょっと物足りないかも。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Metal heart
③Up to the limit
④Wrong is right
⑤Screaming for a love bite
⑨living for tonite
⑩Bound to fail



総評・・・85点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/259-eb3897ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。