謎のメタラー「メタリスト」の華麗なるメタルライフを 彩るアルバム達と彼によるレビュー
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーフォリアユーフォリア
(2003/11/21)
デフ・レパード

商品詳細を見る



'99年にリリースされた7th。

前作の"SLANG"があまり好きな路線ではなかったため、
このアルバムは元のDEF LEPPARDらしい音に戻っていて
当時、本当に安心し、愛聴したアルバムだ。

②はDEF LEPPARDの王道とも言えるロックナンバーで
聴いていてホッとするが・・・マンネリとも取られかねない曲かも。

⑥は間違いなく前半のハイライトとなる曲・・・なのだが
どこかで聴いたようなメロディなんだよな・・・。
だけども本作品では一番好きな曲には間違い無い。
フィル・コリンズのラスト辺りのギターパートが圧巻。

③⑤⑧はいいメロディではあるが、ちょっとプロデュース過多。
もともと彼らはそういう傾向にある音を作ってきたのだが
やり過ぎてロック色が薄くなっている感は否めないかな。
⑧はそれでも好きだけどね。

⑩はインストナンバー。
綿密なギターワークが魅力。
⑬はウェットな歌メロと軽快なリズムパターンが同居する
HRナンバー。
このアルバムの後半ではこの曲が一番好き、
という方もいるのではなかろうか。

"HYSTERIA""PYROMANIA"といったインパクトの強い作品の
後から聴いても十分魅力的なアルバムであり、
使い回しのメロディはあるものの、新しい路線の曲も
混ぜつつもファンの期待を裏切ることが無いのは流石だと言える。
売り上げが良くなかったらしいが、何故だったのか
不思議だ。


~METALIST'S FAVORITE TUNE~
①Demolition man
②Promises
④Goodbye
⑥Paper sun
⑦It's only love
⑧21st century sha la la la girl
⑩Disintegrate
⑫Day after day
⑬Kings of oblivion



総評・・・89点

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://goldmetalist.blog53.fc2.com/tb.php/260-f7409d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。